スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク

はじめに


「おやこdeのんびりまったり」へようこそ!!

私たちは、日々子育てに奮闘中のママさんたちにカフェや広場など、子連れでものんびり
くつろげる場所の情報を提供しよう!という目的で活動しています。

このブログを立ち上げるきっかけになった区民大学の講座を受講したのが
2年半前。当時、メンバーのお腹にいた赤ちゃんはもう2歳になり、講座の最中に
保育士さんに預かってもらっていた当時2歳になったばかりの子供たちは
早くも幼稚園の年中さんになりました。毎日本当にあっというまですね。

子供が2歳の頃と今とでは外出先に持って行く荷物の量も違うし、まず第一に
ベビーカーを使わなくなったことで、お出かけの仕方もずいぶん変わりました。
ブログの更新頻度が文字通り「のんびりまったり」になっていますが、それでも毎日
たくさんの方がこのブログを訪れてくださっていることがとても嬉しく、少しでも
誰かのお役に立てていたら良いなぁと思っています。



 更 新 情 報 

        記事を掲載しました。
2013. 9.30   子どもと楽しめるイベント情報に情報を追記しました。
2013. 3.22   21_21 DESIGN SIGHT 「デザインあ展」の記事を掲載しました。
2012. 12.9   カップヌードルミュージアム -安藤百福記念館の記事を掲載しました。
2012. 9. 3   ハッピーローソン 山下公園店に情報を追記しました。


 
このブログを立ち上げた経緯については、こちら↓をご覧ください


続きを読む >>

映画館で遊ぼう!ワークショップ開催のご案内〜キネカ大森(大森)

気づけば前回の更新から早くも半年が経過していました!
この半年の間にもたくさんの方にブログをご覧いただき感謝感謝です。

さて、半年ぶりの更新ですが、今回は私みっきーの友人でもあり、
子供向けの映画作品をわかりやすく紹介してくださっている素敵なサイト
こども映画プラス」を運営されている工藤雅子さんが10月にキネカ大森
にて子供向けの映画ワークショップを開催されるということで、皆様に
お知らせです!

キネカ大森はJR大森駅前にある西友の中に昔からあるレトロで味のある
映画館です。今は少なくなってしまったアナログのフィルム上映を行なって
いる数少ない映画館でもあります。

ぜひこの機会に足を運んでみてくださいね。

-------------------------------------------------------------------------

「映画館で遊ぼう!ワークショップ開催のご案内」


映画の秘密を学び、映画館の仕事を体験できるワークショップを開催します。

フィルムってなに? “映写機”ってどんな機械なの? どうして動くの?
普段、立ち入ることのない映画館の裏側に入り込み、“自分で体験”して
秘密を解き明かし、映画も鑑賞できる楽しいワークショップです。

■日程:10月12日(土)、13日(日)、14日(月・祝)

■会場:キネカ大森(40席)

住所:〒140-0013 東京都品川区南大井6−27−25 西友大森店5階 
電話:03-3762-6000 

■時間:

11:00〜11:30 上映/体験ワークショップ〜13:00(予定)

13:30〜14:00 上映/体験ワークショップ〜15:30(予定)

参加料金:子ども500円(未就学〜小学生まで)/大人 1300円

体験ワークショップ募集対象:小学生 

募集人数:各回子ども15名 

体験ワークショップのお申込みはキネカ大森窓口、
またはメール(kineka_asobi@theatres.co.jp)
またはファックス(Fax:03-5764-5084)にて受付しています。

お子さんのお名前、年齢、保護者の方のお名前、ご連絡先電話番号を
ご記入の上お申し込み下さい。

「ワークショップの内容」

■学び編

映画上映の仕組み 映写機の見学と35mmプリントをつなぐ

映像が動く仕組み マジックロールを制作し映像が動く仕組みを学ぶ

■仕事体験編 〜 映画館でのお仕事を子供たちが体験できます 〜

☆チケット(入場券)づくり

☆チケットもぎり〜劇場入口で受け取ります

☆上映アナウンス〜上映前の映画の説明を行います

☆映写機のスタートボタンを押して映写開始!

■映画鑑賞編

『チェブラーシカ』のロマン・カチャーノフ監督の傑作人形
アニメーション『ミトン』『レター』『ママ』の3本を鑑賞します。

※ ワークショップについてのご質問は、こども映画プラスのお問い合わせ
メールから、代表の工藤雅子さんまでお願いいたします。




21_21 DESIGN SIGHT 「デザインあ」展 (六本木)

大変ひさしぶりの更新ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。(毎回言ってる)

2/8から六本木の21_21 DESIGN SIGHTで開催中の「デザインあ展」にようやく
行くことができました。すでに行ってきた友人たちは皆、大絶賛していたこの展示。
結論から言うと、本当に本当に(x100)面白かったです。


けっこう長い幼稚園の春休み。新学期が始まってからもしばらくは午前保育の日々。
子どもと一緒に楽しめるイベントって何かないかなー????
という皆様には特にオススメですよ!

※ご存知ない方のために)
デザインあ」はEテレで土曜日の朝7:00〜放送されているデザインについて
子どもにもわかりやすく教えてくれる番組。大人が観ても毎回とっても
ワクワクします!それもそのはず、総合指導は佐藤卓さん、映像は中村勇吾さん、
そして耳に残るあの「あ」の音楽は小山田圭吾(コーネリアス)さんが
手掛けてるのですよ〜。個人的には、ものを一粒一粒にまで分解する「解散!」
のコーナーが大好きです。

今回のデザインあ展は、ワクワクする番組の内容がそのまま体感できる、
なんとも素晴らしい展示なんです。

ほら、ワクワクしてきたでしょ?


会場の21_21 DESIGN SIGHTは六本木駅でミッドタウン方面の出口を出て、
芝生広場側へ渡ったところにあります。


入場料は大人1000円、小学生以下は無料です。
ベビーカー利用の方は入場前に入口で預けます。(館内は2フロアで移動は階段のみ
なので、チビちゃん連れの方は抱っこひも推奨です)
 館内におむつ替え&授乳のスペースはないので、事前にミッドタウン内の
トイレ&授乳室で済ませてから行きましょう。

入るとさっそくこんな撮影コーナーが♪ 
デザインあ展は全てのコーナーにおいて撮影が許可されています。


そして階段を降りてメインの展示フロアへ。
まず、息子がハマっていたのが「モノ・オトと映像の部屋」


小山田圭吾(コーネリアス)さんが番組内で手掛けているあの「あ」の歌や
「まるとしかく」「すうじのうた」「いろ」などが360°のスクリーンの映像と
ともに流れ、目で、耳で、そして頭で楽しめる不思議な空間となっています。
映像の動きを携帯の動画で撮る大人が多いのに対して、映像にあわせてくるくると
自由に動き回るこどもたち、の図がなんとも対称的で面白いなーと感じました。
こどもは文字通り「体感」して楽しむんだなーと。


そして次に息子が食いついたのが「ふろしき」のコーナー。
一見地味なこのコーナーに食いついたのがちょっと意外でしたが、ふろしきって
奥が深いんだなぁと体感できたんでしょうね。


一枚の布が中身の形にあわせて結び方を変えるだけで何通りにも変化することを
実際に映像とあわせて体感できます。この形式で「おりがみ」のコーナーも
あったのですが、どちらもこどもでも充分理解できるようにゆっくりとした
スピートで映像が流れるので、5歳児でも楽しめたようです。


そしてこちらはみんな大好き「つみき寿司」のコーナー。
いろんな組み合わせでお寿司を作って楽しめます。このつみき、販売してほしい!
平日で混雑もほどよい感じだったのもあって、こどもに混じって大人も
お寿司やさんになって楽しんでいたりしました。


他にもお寿司に関する展示がいろいろあって、お寿司が大好きな息子は
テンションあがっていました。




私の大好きな解散!シリーズのお寿司版も展示
されていましたよ。ちっちゃくわさびも入っているの、わかりますか?


楽しいタイトルを考えて遊べる「ごちゃまぜ文庫」
つるのおじさん、はてしない三千里、注文の多いひこぼし、ガリバーこわい(笑)


そしてこちらも楽しい「デッサンあ」のコーナー。
iPadで絵を描くとリアルタイムでスクリーンに表示され、さらにWEBサイトでも
自分の描いた絵を見ることができます。ハイテク!今回の展示物は椅子でしたが
定期的にデッサンするものが変わるようです。



他にもまだまだ楽しい展示がいっぱいですが、残りはぜひ会場に足を運んで
体感してみてくださいね。会期は6/2(日)までとなっています。
週末はかなり混雑するようなので、できれば平日に行かれることをオススメします。

この後、お隣にある檜町公園でひとしきり遊んでから帰りました。



都内では今週末には桜が満開になるという予想も出ています。
デザインあ展を楽しんだ後は、ミッドタウン近辺をお散歩 → テイクアウトしたランチでお花見ピクニック楽しむという1日コースはいかがでしょうか 


----------- 施設情報 ----------------------------------- 

施設名:21_21 DESIGN SIGHT  企画展「デザインあ展」
会期:2013年2月8日(金)〜 2013年6月2日(日)
住所:東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ガーデン内
最寄り駅:都営大江戸線、東京メトロ日比谷線 六本木駅より徒歩5分
     東京メトロ千代田線 乃木坂駅より徒歩5分
※ アクセスについての詳細はこちら

電話番号:03-3475-2121
開館時間:10:30〜20:00(デザインあ展の会期中以外は11:00〜) 
休館日:火曜日 (4/30は開館)
ホームページ:21_21 DESIGN SIGHT  http://www.2121designsight.jp/
                     デザインあ展 特設サイト http://design-ah.net/

ベビーカーの扱い:入口にて預ける
授乳スペース:なし(ミッドタウン内にあり)
おむつ替えシート:なし(ミッドタウン内にあり)
食事持込み:館内飲食不可





カップヌードルミュージアム - 安藤百福発明記念館 (横浜)

今日は昨年9月にオープンした、カップヌードルミュージアム - 安藤百福発明記念館
行ってきました。 安藤百福さんは世界初のインスタントラーメンであるチキンラーメン
を発明した人物で、日清食品の創業者でもあります。


このミュージアムは、日清食品がカップヌードルの発売40周年を記念して横浜の
みなとみらい地区にオープンした体験型の施設で、様々な展示や体験工房を
通じて発明・発見の大切さを楽しみながら学べる仕組みになっています。

エントランスを入るとまず、入館受付と各種体験コーナーの予約ができる
カウンターへ。高校生以下は入場無料です。


自分だけのカップヌードルが作れる「マイカップヌードルファクトリー」は先着順で
整理券を配布しています。 小学生以上のお子さんと一緒なら「チキンラーメン
ファクトリー」の予約もオススメです。


入場受付と予約を済ませたら階段を上がって入場。ベビーカー利用の方には
エレベーターもありますのでご安心を。


階段前では大きなカップヌードルとひよこちゃんがお出迎え


予約の時間までは4Fにある「カップヌードルパーク」でたっぷり身体を動かして
遊びました。こちらは対象年齢3歳〜小学生まで。ラーメンの製造工程を再現した
楽しいアスレチック。30分ごとの完全入替え制で1回300円で利用できます。


製麺ネットから始まり、最後は出荷されるところを再現した滑り台でフィニッシュ。
アスレチックを何周もしながら楽しんでいました。


遊び終わった後はカップヌードルの帽子が貰えます。
アトラクションの詳細はこちらに詳しく載っていますので、ぜひご覧くださいね。


今回は寄らなかったのですが、このカップヌードルパークの横に、世界中の
麺料理を味わうことができる、「NOODLES BAZAAR - ワールド麺ロード」という
アトラクションもあります。色々な味を体験できるよう、麺はすべてハーフサイズで
提供されるとのこと。館内への飲食物の持込みは禁止ですが、お腹が空いたら
こちらで世界の麺料理をいただいてみてはいかがでしょうか?(詳細はこちら

さて、整理券の時間になったので、お次はお待ちかねの「マイカップヌードル
ファクトリー」へ。1つ下の3Fにあり、大勢の人で賑わっていました!


まずは列に並び、マイカップを300円で購入。


次に手を消毒します。


係の方がカップに透明のフタをしてくれます。


カップをマジックでデコレーションするためのテーブルへ。自分の好きな絵や
文字を描いたり、色を塗ったりしてオリジナルのカップを作ります。


できあがりはこんな感じ〜。

 

カップが完成したら、いよいよ麺を入れてもらうための列へ並びます。


カップに麺を入れるのではなく、逆転の発想で「麺にカップをかぶせる」ことに
よって麺の形が崩れたり斜めになってしまうのを防いでいるのだそうです。
こんなことを実際に体験しながらさりげなく学べてしまうのって楽しい!


麺を入れたら、次は好きなスープと具材を選びます。


スープは4種類から1つ、具材は12種類から4つ選ぶことができ、味の組み合わせは
なんと5,460種類にもなるとか!中には具材を1種類x4つにして海老ラーメンに
したりしていた方もいましたよ。


最後はラーメンにフタをして、パッキングしてもらい、できあがり〜。


作ったカップヌードルは膨らませたエアバッグに入れてお持ち帰りできます。


このバッグを持った人を駅やワールドポータースなどでもたくさん見かけました。
宣伝効果もばっちりですね。すごいなぁ。


マイカップヌードルファクトリーの横にはチキンラーメン作りの行程を実際に体験
できるチキンラーメンファクトリーがあり、こちらも大勢の人で賑わっていました。


チキンラーメン作りは手動の製麺機を使用したりする関係上、小学生以上からの
入場に限られます。子供がもう少し大きくなったらぜひ体験しに行きたい!


カップヌードル作りを体験した後は、2Fの展示コーナーへ。
歴代のインスタントラーメンのパッケージがずらりと並ぶ、「インスタントラーメン
ヒストリーキューブ」のコーナー。初めて発売されたのは1958年。種類も少ない。


袋入りの麺からカップ麺へと進化していき、だんだん種類も豊富に。


そして2000年を過ぎるとこんなにたくさんの種類のインスタントラーメンが!


日本だけでなく、今や世界各国で愛されているインスタントラーメン。
海外版のパッケージも多く展示してありました。子供の頃を思い出す懐かしい
パッケージも多く、大人が楽しめる空間です。


こちらは見る角度によって4つの英単語が浮かび上がる、楽しい展示。
カップヌードルがアートに!物事を様々な視点から捉えることが、発見・発明に
繋がるという安藤百福さんの理念を元に作られた作品です。

 

他にも様々な展示がありますが、総合プロデュースを手掛けている佐藤可士和さんの
テイストも随所に感じられ、アートな視点からも楽しめるミュージアムでした。

1Fにはミュージアムショップもあり、グッズを購入することができます。
我が家も息子用にひよこちゃんのノートなどを購入しました。


ミュージアム内は完全バリアフリー。授乳室や多目的トイレも完備されているので
赤ちゃん連れの方でも楽しめますよ。

親子で展示やアトラクションを楽しんで、気づけば外は真っ暗!


ミュージアムを出ると目の前にはライトアップされた観覧車。


カップヌードルミュージアムから徒歩6分ほどの赤レンガ倉庫には、期間限定の
屋外スケートリンクもオープンしていますよー!今の時期、みなとみらい地区は
クリスマスのイルミネーションもとってもキレイなので、ぜひ親子で横浜へ足を
運んでみてくださいね。

----------- 施設情報 ----------------------------------- 

施設名:カップヌードルミュージアム(安藤百福発明記念館)
住所:神奈川県横浜市中区新港2-3-4
最寄り駅:みなとみらい線 みなとみらい駅、馬車道駅より徒歩8分
     JR桜木町駅より徒歩12分
バス利用の場合: 観光スポット周遊バス「あかいくつ」
        国際橋・カップヌードルミュージアム前下車すぐ
        万国橋・ワールドポータース前より徒歩3分
                         みなとみらい100円バス「ワールドポータース」下車 徒歩3分
         (みなとみらい100円バスは土日祝のみ運行)

電話番号:045-345-0918
営業時間:10:00〜18:00(入場は17:00まで) 
休館日:火曜日(祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始(2012年は12/28〜翌1/2まで)

ベビーカーの扱い:入場可
授乳スペース:1Fに授乳室あり
おむつ替えシート:1F、4Fに多目的トイレあり
食事持込み:館内飲食不可


大きな地図で見る

HAPPY LAWSON 山下公園店 (横浜市)

今回はちょっと変わったコンビニをご紹介。
ご存知の方もいるかとは思いますが、


 横浜 山下公園内にある 

 「HAPPY LAWSON 山下公園店


ここは通常のローソンとは違い、
ハッピー子育てプロジェクトのコンセプトショップです
( ↑↑ ローソンが「子育てを応援できること」をまじめに考え、子育て家族を応援していくプロジェクト。)

店舗内は、
入り口入って左手: コンビニスペース、
        右手: カフェ(TRAVEL CAFE)、休憩スペース(ハッピー広場)
        屋外休憩スペース

から構成されています。




 TRAVEL CAFE

 営業時間は11〜20時
 プラズマディスプレーでは横浜やトラベル情報を放映 



 メニューも充実

 アルコールも置いていました



 休憩スペース(名称:ハッピー広場)

 開放時間は7〜20時

 木製立体遊具(キッズアイランド)を一部改良して設置

遊具は大人が利用する事ができないので、
階段の上り下りなど一人で出来るようになってからの利用をおススメします。


この遊具横にテーブル席があり、子供用のベビーチェアも設置してありました。
カフェ横にカウンター席もあります。

カフェで購入したものや、コンビニスペースで購入したものをここで飲食する事が出来ます。
 (注: ゴミはきちんと各自で処理しましょう。)



 屋外のオープンカフェスペース

 約40席

 日差しが強い時期はちょっと厳しいかもですが、
 とても良い景色です。

 嬉しいサービス

ミルク用のお湯が用意されていました。

あとは

 授乳室はないですが授乳用のスカーフの貸し出しあり
 ↑↑↑
 とはなっていますが、これは各自用意した方がよさそう。

ちょっと立ち寄って

大人はちょっと休憩、
子どもは遊ぶにはちょうど良いスペースでした。


  追加情報 2012.9.3.

 久々にハッピーローソンを利用したところ(利用したのは7月下旬)、


 SKIP KIDS Cafe
        ができていました。

 
 遊ぶスペースには

 遊具も増えていました。



----------- 施設情報 ----------------------------------- 

施設名:HAPPY LAWSON 山下公園店
住所:神奈川県横浜市中区山下町279(山下公園レストハウス)
最寄り駅:みなとみらい線日本大通り駅下車徒歩10分
      横浜駅から横浜市営バス26系統横浜港シンボルタワー海づり桟橋行き・本牧車庫前行き「大桟橋」下車徒歩1分
電話番号:045-663-8139
営業時間: コンビニ=7時〜23時
       TRAVEL CAFE (カフェ)=11時〜20時、
       ハッピー広場(休憩スペース)=7時〜20時
       ※開港記念みなと祭国際花火大会の開催日は、警備強化の為、休業させていただきます。
定休日:無休
ホームページ:HAPPY LAWSON  http://www3.lawson-miffy.jp/happylawson/index.html
         TRAVEL CAFE  http://www.travelcafe.co.jp/shop/happylawson/index.shtml
ベビーカーの扱い:店内にそのまま入れます
授乳スペース:なし(授乳用のスカーフの貸し出しをしています。)
おむつ替えシート:なし(店外の多目的トイレ内に有り)
離乳食・子供の食事持込み:可
                  ミルク用のお湯をがあります。

大きな地図で見る

| 1/20PAGES | >>