スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク

電車とバスの博物館

ある晴れた平日に、以前から気になっていた
田園都市線宮崎台にある「電車とバスの博物館」へ行ってきました!

入口



改札口を出たらすぐに入口という
アクセスのよさ!


博物館アプローチ


館内への長いスロープには歴代の
バスや電車の写真が貼られて
気分を盛り上げてくれます












入口改札

館内に入ると券売機と受付があり、
入場券を購入したら、改札口!!
を通って中に入ります。

ベビーカーはここから中へは入れません。改札口手前に並べて置いて
くださいね。



入口が4階にあたるので、入ってトントンと階段を下りると
右手にパノラマシアターが広がります
                                       

超リアル版プラレールって感じ


1日に3回 (11:00 13:00 15:00)
電気がつき、電車が走ります

2歳のムスコもかぶりついてました。。

このフロアには他に昔の電車と駅や、「安全運行システム」を
模型運行シミュレーターで学べる体験型展示、電車やバスについての
クイズをパソコンで学べるスペースもあり、子供だけでなく大人も
楽しめちゃいます。



いい感じにレトロでしょ。




自分でアクセルやブレーキを
操作します。 息子より親が
ハマリました。。


このフロアで見逃せないものがもう一つ。 このフロア内の
カウンターで「おもいでカード」なるものを発行してもらえます。
自分の名前、好きな駅を申し込み用紙に書いて渡すと、あっという間に
カードをつくってくれます。 


なかなか可愛いでしょ。

いい思い出になりますよね


ただし、1日に1回しか(13:30)
チャンスがありませんので、他のアトラクションに夢中になって
忘れちゃわないよう気をつけてくださいね〜!!

3階を充分満喫したら、今度は1階へGO!

こちらには電車やバスが所狭しと並べられ、しかも運転のシミュレーションを
体験できるとあって子供たちにも大人気!なのです。



いいでしょ〜

気分はすっかり運転士さんだよ




こちらはバス

子供がなぜか走り回って残念ながら
体験できませんでしたが、
面白そうでした。。。


気になるお食事ですが、この施設では飲食ができるのはこの1階の
フロアーだけになります。
フロアー内の休憩スペースでも食べれますが、嬉しいことに
展示してある玉電(デハ200形)の中でも食べることができます。



手前が休憩スペースで奥が
デハ200形。

やっぱりみんな電車の中で
食べてました

なんで電車の中っていうだけで
あんなワクワクしちゃうんでしょうか。。


食べ物ですが、1Fにジュースやアイスの自動販売機はありますが、
館内にレストラン的なものは入っていいないのでお食事は持参するのが無難です。

駅近くにケンタッキーや神戸屋、東急ストアもあるので、現地調達で大丈夫ですよー。

あと、このフロアに授乳室もありました。部屋に鍵がかかっていて写真とれてないの
ですが、使用する際は職員の方に声掛けすればいいようです。

トイレ内におむつ替えシートも設置されていて、ママに優しい施設ですね

あっ、大事なことを忘れてました。
この建物と通りを隔てたところに、 「イベント館」 があります。
こちらも博物館の入場券で入場できます。

こちらは本館とは離れているせいもあり、比較的目立たないのですが、
是非体験してもらいたいものが・・・・
そう、ここには飛行機操縦シミュレーターがあるのです!!


実際に使われていた飛行機です。

映画やTVでした見たことのない
コックピット!

天井にも運転席もスイッチだらけ。

人生でおそらく最初で最後の
体験に親が一人で興奮するなかで、
子供は「電車いこーよ〜」と
あまり興味示さず。。

あ〜でもドキドキしたよーーー。




今回こちらを訪ねて思ったのは、ここは子供だけでなく大人も充分楽しめるスポットだということ!

親子でドキドキワクワクしませんか〜!

  追記情報  2011.7.16.

休日10時の開館ぴったりに到着
入り口前にはすでに何組もの親子が並んでいました。

今回は1階のシュミレーションへ直行!!
するとやはり空いているシュミレーション。
時間が経過するにあたってだんだんと人が増え、待ち時間も増えてきました。


  ★ 入館用のチケットを持っていれば当日は何度でも出入りが出来ます。
        → お昼の調達にいったん外に出ることも可能。
    ★ 歩けない小さなお子様がいる場合などはベビーカーを館内に持っていくことが可能です。


----------- 施設情報---------

施設名: 電車とバスの博物館
住所: 神奈川県川崎市宮前区宮崎2-10-12
最寄駅: 田園都市線宮崎台駅直結
電話番号: 044-861-6787
営業時間: 平日・土曜日 10:00~17:00
               日曜・祝日 9:30~17:00
               (いずれも入館は16:10まで)
       *シミュレータ体験は16:45まで
定休日: 月曜日(月曜日が振り替え休日・祝日の場合は翌日)
      及び年末年始(12/29~1/3)
ホームページ: http://www.tokyu.co.jp

ベビーカーの扱い:入口の前に並べておく
            (施設内には持ち込めません)
授乳室スペース: 有
            (施錠されているので職員の方に声をかけて使用してください)
おむつ替えスペース: 有
離乳食・子供の食事持ち込み: 可(ただし、飲食は1Fのみ可)
料金: 大人(高校生以上) 100円
     子供(小・中学生) 50円
        6歳未満 無料


東京都市大学子育て支援センター「ぴっぴ」(等々力)

 先日、等々力にある子育て支援センター「ぴっぴ」に行ってきました。

ここは、東横学園女子短期大学が地域に開かれた短大として学内に誕生させた
支援センターで、専門の保育士さんや、短大の保育学の専門スタッフや
学生ボランティアが保護者のお手伝いをしてくれます。
* 2009.4.1に同短期大学は武蔵工業大学と合併し、
現在では名称が東京都市大学等々力キャンパスに
変更になっています*


東急大井町線「等々力」駅から10分ほど歩くと大学が見えてきます。

                                       1Fの入口から入ります東横学園ぴっぴ入口
 












この可愛い看板が目印

白く大きな階段を2Fへ上っていくとぴっぴの入口があります。
(ちょっと大変ですが、ベビーカー置き場は2F入口前です)

入口の前に利用券の販売機があるのでチケットを購入します。

こちらは1家族の利用で1日100円ですので、お子さんが
たくさんいらっしゃるご家庭には更にウレシイですね

初回に利用登録をしてカードを作り、次回からは
受付カウンターで利用チケットとカードを提出します。

中は子供の安全を考えてすべてコルク張りです。
室内ながら、備え付けの滑り台もあり、当日も何人もの
お子さんが走り回っていました。

ぴっぴすべりだい


 やっぱり人気の滑り台!










また、絵本や木のおもちゃ、おままごとセットはもちろん、
電子ピアノや打楽器などちょっと珍しいアイテムもそろっています。
ぴっぴ絵本ぴっぴ打楽器2
























気になるお食事ですが、ぴっぴには広いキッチンスペースがあり、
こちらでお子さんとゆっくりお食事をとることができます。

ポットや冷蔵庫も自由に使えますし、紅茶やコーヒーの無料サービスも
ありますので、お子さんの様子を眺めながらママは一息っていうのも
いいですよね


ちょっとお弁当もってこなかったわ〜という方には、短大学内にある
学生食堂がオススメです。
11:00〜14:00までの営業ですが、学生さん達が込み合う
12:15〜13:15を避ければゆっくり広々とお食事ができます。
ぴっぴ学食

 学食へは一度校内を出て
 学校にそってぐるりと回り、
 駐車場のあるスロープを
 下って入ります。
ぴっぴ学食4

 広々としているので
 ベビーカーごと入っても
 OK!

 キッズチェアも4脚ほど
 ありました

メニューはそんなに多くはありませんが、パスタ、カレー、うどん・そば、
日替わり定食などが300円〜450円位で食べられます
ぴっぴ学食3

 学生さん向けということもあり、
 ボリュームもかなりあり
 大満足
子供向けメニューとしては、ぴっぴカレーという甘口のカレーが
あるそうなのですが、残念ながら当日は売り切れで
食べられませんでした

また、こちらの学食は持ち込みもOKですので等々力駅前の
マックやコンビニで買った物をこちらで食べることもできますよ
(ぴっぴの近くにもコンビニあるそうです)

あと気になるのはオムツ交換ですが、
ぴっぴのお部屋中ではできませんので、
お部屋を出てすぐの同じフロアにあるトイレを利用することに
なります。
アンパンマンの大きな絵の描いてあるとっても清潔な
お手洗いです
ぴっぴお手洗い

日に日に寒くなり、お外で遊ばせるがちょっと億劫なこの季節。。
お子さんを1日ゆっくり安心して遊ばせることのできるこんなスペース
ママにはとってもあり難いですよね


------------------施設情報----------------------

施設名: 子育て支援センター 「ぴっぴ」
住所: 東京都世田谷区等々力8-9-18 (東京都市大学等々力キャンパス3号館2階)
最寄駅: 東急大井町線 等々力駅 下車徒歩10分
      東急バス 「田園調布駅」より「世田谷区民会館」行き約20分
              「二子玉川駅」より「目黒駅前」行き約10分
              『都市大等々力キャンパス前』下車すぐ
      *学内に駐車場はありません。車でお越しの際は、近くに
        コインパーキングが5か所ほどありますのでそこに駐車ください
電話: 03-5758-7241 (直通)
定休日: 日曜日・祝日 及び休校日
利用時間: 月〜金曜日 10:00〜16:00
        土曜日 10:00〜15:00
        (学内行事等でお休みになることもあります)
ホームページ: http://www.tc.tcu.ac.jp/pippi/index.html

キッズチェアの有無: キッチンスペースに多数あり
ベビーカーの扱い: 2F入口前のスペースに折りたたんでおく
授乳スペース: あり
おむつ替えシート: 同フロアのトイレ内にあり
離乳食・子供の食事持ち込み: 共に可


---------------------店舗情報---------------------

店舗名: Hanagiri Garden (学内食堂)
住所: 学内3号館地下
定休日:日曜日・祝日及び休校日
営業時間: 11:00〜14:00

キッズチェアの有無: 有り(4〜5脚)
ベビーカーの扱い: そのまま入店可
授乳スペース: なし
おむつ変えシート: 
離乳食・子供の食事持ち込み: 共に可
予算: 300円〜
空いている時間帯: 12:00〜13:15を避けて


| 1/1PAGES |