スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク

カップヌードルミュージアム - 安藤百福発明記念館 (横浜)

今日は昨年9月にオープンした、カップヌードルミュージアム - 安藤百福発明記念館
行ってきました。 安藤百福さんは世界初のインスタントラーメンであるチキンラーメン
を発明した人物で、日清食品の創業者でもあります。


このミュージアムは、日清食品がカップヌードルの発売40周年を記念して横浜の
みなとみらい地区にオープンした体験型の施設で、様々な展示や体験工房を
通じて発明・発見の大切さを楽しみながら学べる仕組みになっています。

エントランスを入るとまず、入館受付と各種体験コーナーの予約ができる
カウンターへ。高校生以下は入場無料です。


自分だけのカップヌードルが作れる「マイカップヌードルファクトリー」は先着順で
整理券を配布しています。 小学生以上のお子さんと一緒なら「チキンラーメン
ファクトリー」の予約もオススメです。


入場受付と予約を済ませたら階段を上がって入場。ベビーカー利用の方には
エレベーターもありますのでご安心を。


階段前では大きなカップヌードルとひよこちゃんがお出迎え


予約の時間までは4Fにある「カップヌードルパーク」でたっぷり身体を動かして
遊びました。こちらは対象年齢3歳〜小学生まで。ラーメンの製造工程を再現した
楽しいアスレチック。30分ごとの完全入替え制で1回300円で利用できます。


製麺ネットから始まり、最後は出荷されるところを再現した滑り台でフィニッシュ。
アスレチックを何周もしながら楽しんでいました。


遊び終わった後はカップヌードルの帽子が貰えます。
アトラクションの詳細はこちらに詳しく載っていますので、ぜひご覧くださいね。


今回は寄らなかったのですが、このカップヌードルパークの横に、世界中の
麺料理を味わうことができる、「NOODLES BAZAAR - ワールド麺ロード」という
アトラクションもあります。色々な味を体験できるよう、麺はすべてハーフサイズで
提供されるとのこと。館内への飲食物の持込みは禁止ですが、お腹が空いたら
こちらで世界の麺料理をいただいてみてはいかがでしょうか?(詳細はこちら

さて、整理券の時間になったので、お次はお待ちかねの「マイカップヌードル
ファクトリー」へ。1つ下の3Fにあり、大勢の人で賑わっていました!


まずは列に並び、マイカップを300円で購入。


次に手を消毒します。


係の方がカップに透明のフタをしてくれます。


カップをマジックでデコレーションするためのテーブルへ。自分の好きな絵や
文字を描いたり、色を塗ったりしてオリジナルのカップを作ります。


できあがりはこんな感じ〜。

 

カップが完成したら、いよいよ麺を入れてもらうための列へ並びます。


カップに麺を入れるのではなく、逆転の発想で「麺にカップをかぶせる」ことに
よって麺の形が崩れたり斜めになってしまうのを防いでいるのだそうです。
こんなことを実際に体験しながらさりげなく学べてしまうのって楽しい!


麺を入れたら、次は好きなスープと具材を選びます。


スープは4種類から1つ、具材は12種類から4つ選ぶことができ、味の組み合わせは
なんと5,460種類にもなるとか!中には具材を1種類x4つにして海老ラーメンに
したりしていた方もいましたよ。


最後はラーメンにフタをして、パッキングしてもらい、できあがり〜。


作ったカップヌードルは膨らませたエアバッグに入れてお持ち帰りできます。


このバッグを持った人を駅やワールドポータースなどでもたくさん見かけました。
宣伝効果もばっちりですね。すごいなぁ。


マイカップヌードルファクトリーの横にはチキンラーメン作りの行程を実際に体験
できるチキンラーメンファクトリーがあり、こちらも大勢の人で賑わっていました。


チキンラーメン作りは手動の製麺機を使用したりする関係上、小学生以上からの
入場に限られます。子供がもう少し大きくなったらぜひ体験しに行きたい!


カップヌードル作りを体験した後は、2Fの展示コーナーへ。
歴代のインスタントラーメンのパッケージがずらりと並ぶ、「インスタントラーメン
ヒストリーキューブ」のコーナー。初めて発売されたのは1958年。種類も少ない。


袋入りの麺からカップ麺へと進化していき、だんだん種類も豊富に。


そして2000年を過ぎるとこんなにたくさんの種類のインスタントラーメンが!


日本だけでなく、今や世界各国で愛されているインスタントラーメン。
海外版のパッケージも多く展示してありました。子供の頃を思い出す懐かしい
パッケージも多く、大人が楽しめる空間です。


こちらは見る角度によって4つの英単語が浮かび上がる、楽しい展示。
カップヌードルがアートに!物事を様々な視点から捉えることが、発見・発明に
繋がるという安藤百福さんの理念を元に作られた作品です。

 

他にも様々な展示がありますが、総合プロデュースを手掛けている佐藤可士和さんの
テイストも随所に感じられ、アートな視点からも楽しめるミュージアムでした。

1Fにはミュージアムショップもあり、グッズを購入することができます。
我が家も息子用にひよこちゃんのノートなどを購入しました。


ミュージアム内は完全バリアフリー。授乳室や多目的トイレも完備されているので
赤ちゃん連れの方でも楽しめますよ。

親子で展示やアトラクションを楽しんで、気づけば外は真っ暗!


ミュージアムを出ると目の前にはライトアップされた観覧車。


カップヌードルミュージアムから徒歩6分ほどの赤レンガ倉庫には、期間限定の
屋外スケートリンクもオープンしていますよー!今の時期、みなとみらい地区は
クリスマスのイルミネーションもとってもキレイなので、ぜひ親子で横浜へ足を
運んでみてくださいね。

----------- 施設情報 ----------------------------------- 

施設名:カップヌードルミュージアム(安藤百福発明記念館)
住所:神奈川県横浜市中区新港2-3-4
最寄り駅:みなとみらい線 みなとみらい駅、馬車道駅より徒歩8分
     JR桜木町駅より徒歩12分
バス利用の場合: 観光スポット周遊バス「あかいくつ」
        国際橋・カップヌードルミュージアム前下車すぐ
        万国橋・ワールドポータース前より徒歩3分
                         みなとみらい100円バス「ワールドポータース」下車 徒歩3分
         (みなとみらい100円バスは土日祝のみ運行)

電話番号:045-345-0918
営業時間:10:00〜18:00(入場は17:00まで) 
休館日:火曜日(祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始(2012年は12/28〜翌1/2まで)

ベビーカーの扱い:入場可
授乳スペース:1Fに授乳室あり
おむつ替えシート:1F、4Fに多目的トイレあり
食事持込み:館内飲食不可


大きな地図で見る

HAPPY LAWSON 山下公園店 (横浜市)

今回はちょっと変わったコンビニをご紹介。
ご存知の方もいるかとは思いますが、


 横浜 山下公園内にある 

 「HAPPY LAWSON 山下公園店


ここは通常のローソンとは違い、
ハッピー子育てプロジェクトのコンセプトショップです
( ↑↑ ローソンが「子育てを応援できること」をまじめに考え、子育て家族を応援していくプロジェクト。)

店舗内は、
入り口入って左手: コンビニスペース、
        右手: カフェ(TRAVEL CAFE)、休憩スペース(ハッピー広場)
        屋外休憩スペース

から構成されています。




 TRAVEL CAFE

 営業時間は11〜20時
 プラズマディスプレーでは横浜やトラベル情報を放映 



 メニューも充実

 アルコールも置いていました



 休憩スペース(名称:ハッピー広場)

 開放時間は7〜20時

 木製立体遊具(キッズアイランド)を一部改良して設置

遊具は大人が利用する事ができないので、
階段の上り下りなど一人で出来るようになってからの利用をおススメします。


この遊具横にテーブル席があり、子供用のベビーチェアも設置してありました。
カフェ横にカウンター席もあります。

カフェで購入したものや、コンビニスペースで購入したものをここで飲食する事が出来ます。
 (注: ゴミはきちんと各自で処理しましょう。)



 屋外のオープンカフェスペース

 約40席

 日差しが強い時期はちょっと厳しいかもですが、
 とても良い景色です。

 嬉しいサービス

ミルク用のお湯が用意されていました。

あとは

 授乳室はないですが授乳用のスカーフの貸し出しあり
 ↑↑↑
 とはなっていますが、これは各自用意した方がよさそう。

ちょっと立ち寄って

大人はちょっと休憩、
子どもは遊ぶにはちょうど良いスペースでした。


  追加情報 2012.9.3.

 久々にハッピーローソンを利用したところ(利用したのは7月下旬)、


 SKIP KIDS Cafe
        ができていました。

 
 遊ぶスペースには

 遊具も増えていました。



----------- 施設情報 ----------------------------------- 

施設名:HAPPY LAWSON 山下公園店
住所:神奈川県横浜市中区山下町279(山下公園レストハウス)
最寄り駅:みなとみらい線日本大通り駅下車徒歩10分
      横浜駅から横浜市営バス26系統横浜港シンボルタワー海づり桟橋行き・本牧車庫前行き「大桟橋」下車徒歩1分
電話番号:045-663-8139
営業時間: コンビニ=7時〜23時
       TRAVEL CAFE (カフェ)=11時〜20時、
       ハッピー広場(休憩スペース)=7時〜20時
       ※開港記念みなと祭国際花火大会の開催日は、警備強化の為、休業させていただきます。
定休日:無休
ホームページ:HAPPY LAWSON  http://www3.lawson-miffy.jp/happylawson/index.html
         TRAVEL CAFE  http://www.travelcafe.co.jp/shop/happylawson/index.shtml
ベビーカーの扱い:店内にそのまま入れます
授乳スペース:なし(授乳用のスカーフの貸し出しをしています。)
おむつ替えシート:なし(店外の多目的トイレ内に有り)
離乳食・子供の食事持込み:可
                  ミルク用のお湯をがあります。

大きな地図で見る

横浜美術館 こどものアトリエ(みなとみらい)

少し前のことになりますが、9月末に前からずっと行きたいと思っていた横浜美術館の
こどものアトリエに参加してきました!月3回くらいのペースで日曜に開催されている、
小学生以下の子供向けのプログラム。参加費は大人100円、小学生以下は無料です。

横浜美術館はみなとみらい駅の3番出口から徒歩3分ほど。敷地が広く、前の広場で
子供が自由に走り回れるので子連れにはありがたい!

 

美術館の右端にあるこどものアトリエ専用入口の横にはベビーカー置き場があります。

 

こどものアトリエには3つのコーナーがあり、時間内であれば何度でも移動が可能です
こちらは入ってすぐの、ねんどコーナー。広ーーい部屋にたくさんの親子!

 

粘土は子供が普段触ってるような小麦の粘土ではなくって、土の粘土。
粘土を切る道具も貸してもらえて、息子もコネコネするのを楽しんでいました。

 

ねんどコーナーの奥にはクラフトのコーナーも。

 

今回は時間切れでこちらは見るだけでしたが、紙やテープ、はさみを使っていろいろ
作れるそうです。幼稚園〜小学生の子供が多く、どちらかというと少し大きいお子さん
向けのコーナーです。

 

そして息子がいちばん長い時間楽しんでいたのは大好きなえのぐのコーナー!
最初に絵の具と筆をもらいます。好きな色を言うとえのぐを混ぜて色を作ってくれます。


塗り終わって別の色が欲しくなったら、会場内に複数あるプールや水道で
入れ物と筆を洗って、また係の人のところへ行くと別の色がもらえますよ。


何が楽しいかって、このえのぐコーナーは白いキャンバスはもちろん、壁や柱、窓ガラス
などなど、どこでも色を塗っていいのです これは大人でも参加したくなりますよね。
白いキャンバスは全部埋まったら途中で紙を剥がして真っさらな状態にしてくれるので、
後からきた子供も充分に楽しめます。

 
 

息子より小さいヨチヨチ歩きのお子さんから小学生までみーんなえのぐまみれになって
楽しんでいました!自分の手や顔にまで塗ってるお子さんもいましたよ


傘を入れる袋にお水と好きなえのぐを入れて作る色水カーテンも!
途中で袋を結ぶと2色に分けられたり。色とりどりですごくキレイでした 

 

そしてこのプログラムの良いところ!
最後はキレイにお掃除するところまでみんなで一緒にお手伝いするのです。
スポンジでゴシゴシこするとあらキレイ 窓ガラスもこの通りピカピカです。

 

みんなで楽しんで片づけるところまでプログラムの一環にしてるところが素晴らしい
足元は水びたしだし、絵の具で汚れるので子供の着替えは必須です。スモックをお持ちの
方は持参してくださいね。大人も一緒に裸足になって楽しめました!

私たちが参加したのは9月末でまだ暖かかったのですが、これからの寒い時期や
雨の日などは室内でのえのぐ遊びになるそうです。室内でも充分楽しめると思いますので
ぜひ親子で汚れてもよい格好で参加してみてください!

 子供向けのプログラムということもあり、会場内に授乳室が用意されています。
カーテン式でそれほど広くはないのですが、兄弟のいるお子さんにはありがたいですね。


またおむつ替え用のベビーベッドも入口近くにありますし、トイレ内にもおむつ替えの
台がありますので小さなお子さんと一緒でも利用しやすいですよ。


ちょうどお昼頃にプログラムが終了しますので、帰りは徒歩3分ほどのところにある
クイーンズスクエアやランドマークタワーなどでランチ&ショッピングを楽しんで
みてはいかがでしょうか?


 追加情報  2011.7.3.

< みなとみらい駅からのアクセス >
3番出口が閉鎖中のため5番出口をご利用ください。
出口を出てすぐの横断歩道を利用し反対車線に渡ると効率が良いと思います


地震後でも通常通り開催していました。
10時の開始時間ちょうどくらいに到着しましたが、すでに列が
これから暑い季節になり、絵の具遊びは大人気の様子でした。

行って思ったこと。。。
 ☆ 汚れてもいい服装はもちろんですが、着替えの持参はやはり必須だということ。
 ☆ 荷物は最小限。持ち運びしやすいものにした方がいいということ。
 ☆ 夏の来館時は日焼け対策をしっかりしていった方がよいということ。


----------- 施設情報 ----------------------------------- 

施設名:横浜美術館
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
最寄り駅:みなとみらい線 みなとみらい駅3番出口 5番出口より徒歩3分
     JR線、横浜市営地下鉄線 桜木町駅より動く歩道利用 徒歩10分
電話番号:045-221-0300(代表) 
営業時間:10:00〜18:00
     こどものアトリエは日曜10:00〜11:30開催
     ※毎週開催ではないので、開催日カレンダーを確認してください
休館日:木曜日(祝日の場合は開館 祝日開館した場合は翌日の金曜休館)
ベビーカーの扱い:こどものアトリエ入口にあるベビーカー置き場に並べて置く
授乳スペース:アトリエ内 ねんどコーナーに授乳室あり
おむつ替えシート:あり
離乳食・子供の食事持込み:館内不可 美術館前の外広場にベンチ多数あり
料金:こどものアトリエ参加費は大人100円、小学生以下無料

横浜山手の洋館巡り 〜ハロウィンウォーク〜 (横浜市)

もうすぐハロウィンですね。
私が子供の頃はハロウィンなんて何もなかったので、なんとなくなじみが薄かったのですが、子供ができてからは仮装してみんなで楽しむイベントとして、ちょっと身近になりました。

去年参加した、山手西洋館で行われたハロウィンウォークの写真を使って
横浜山手の洋館を巡るお散歩をご紹介したいと思います。

「山手西洋館ハロウィンウォーク」は、仮装して横浜山手の洋館をスタンプラリーで巡るイベントです。
まず、各ポイントでスタンプラリーカードをもらいます。どこからスタートするのも自由。
ゴールは決まっているので、スタンプとキャンディをもらいながら、ゴール地点を目指します。
あ、仮装かフェイスペイント(洋館で実施していますよ)を忘れずに。

ところで、このハロウィンウォークの舞台となる、「山手西洋館」は、みなさんご存じですか??
JR石川町駅の真上から、みなとみらい線元町中華街駅の真上の山を連なる山?丘?、
ちょうど海に向かって元町商店街の右側の山?丘?に点在する、洋館です。
歴史的にも建築物としても、とても興味深いものばかりで、
・山手111番館
・横浜市イギリス館
・山手234番館
・エリスマン邸
・ベーリックホール
・外交官の家
・ブラフ18番館
があります。

特に私のお薦めは、外交官の家。国の重要文化財に指定されているのですよ。
実際に外交官であった内田さんという方のお宅で、室内は当時の家具や調度品がおかれ、
外交官の暮らしぶりを覗くことができます。
お庭はイタリア式庭園になっており、四季折々の花を楽しむことができます。

また、このあたりのエリアは洋館の他にも、山手カトリック教会、元町公園、フェリス女学院などもあり、元町の喧噪をはなれてのんびりお散歩するにはぴったりです。

では、ハロウィンウォークに話を戻して・・・。

我が家は、横浜人形の家からスタートして、山手の丘に登り、ゴールのブラフ18番館を目指しました。

◆横浜人形の家
洋館巡りマリンタワー近くにある、様々なお人形を集めたミュージアムです。常設展示では、世界各国の民族人形や、江戸時代だったかな?に作られたひな人形などを楽しむことができます。
<お得な情報>
元町や中華街でショッピングやお食事をした方には、割引で入場できます!合算したレシートでもOK。
1000円以上のレシート提示で、同伴5名様まで、入館料を大人
500円→400円、小中学生150円→100円
次の商店街が対象です。
・横浜中華街発展会共同組合
・元町ショッピングストリート
・元町クラフトマンシップ・ストリート


◆イギリス館
洋館巡りここは建物の名前に「横浜市」がつきます。
どうしてなんでしょう・・・。誰かご存じの方・・・(笑)

「みなとの見える丘公園」にあり、もともとは、英国総領事公邸だったそう。すぐ横には、ローズガーデンがあり、季節には80種類1800株ものバラが咲き乱れます。

イギリス館では、よく1Fのホールでコンサートをやっています。去年の年末は、子供向けのクラッシックコンサートがあり、行ってきました。柔らかな弦楽器の音色がよく響いて、とても心地よかったです。娘の心にも響いたかどうかは・・・(笑)



◆山手111番館
洋館巡りこじんまりとしたスパニッシュスタイルの洋館です。イギリス館とは、噴水の公園を挟んでお隣にあり、アメリカの方の住宅だったそうです。

こちらには、「ローズガーデン えの木てい」という、ティールームと薔薇の雑貨のお店があります。
そう、この後にも出てくる山手234番館近くにある「えの木てい」です。有名なお店なので、名前を聞いたことあるよ〜という方も多いのでは??
店内化粧室には、オムツ換えシートがありますよ。



◆岩崎ミュージアム
洋館巡りこちらは山手西洋館ではありませんが、イベントのスタンプラリーのポイントになっていました。

「ゲーテ座」とも言われていますよね。
こちらは、喫茶コーナーがあるのですが、ロココ調の家具がとっても素敵確か子連れでお茶でも〜と入ったはいいけど、雰囲気ぶちこわしになりそうだったので、利用せずに出てきた記憶が・・・。

またこちらでは、文明開化の香りがするドレスを着て、記念写真を撮ることができます。子供用のドレスもあるそうですよ。


◆山手234番館
洋館巡りここは昭和2年頃、外国人向けのアパートメントハウスとして建てられ、昭和50年頃までは使われていたそうですよ。
つい最近じゃないですか〜と思ってしまった私。歳がばれますね〜(笑)

バルコニーの柱が良いですね。
外国の方の設計かと思いましたが、日本人の設計なんですって。

近くには、「えの木てい」や、「ブリキのおもちゃ博物館」があります。


◆エリスマン邸
洋館巡り生糸貿易商社の方のお宅。
壁の感じや上げ下げ窓、雨戸がThe洋館って感じですね。
両開きの雨戸って、憧れませんでした??
キャンディ・キャンディの影響でしょうか(笑)
(また歳ばれる・・・)

こちらは、昔の厨房部分が喫茶コーナーになっています。

すぐ裏が元町公園になっていて、
(というよりも元町公園の中にエリスマン邸は建っています)
洋館巡りに飽きてしまった子供の、ちょっとした放牧スポットです。



◆ベーリックホール
洋館巡りイギリス人貿易商の邸宅として使われたあと、インターナショナル・スクールの寄宿舎として使用されていたそうです。
なんとなく、学校っぽい雰囲気ですよね。
私は建築のことは全くわからないのですが、玄関や階段のアイアンワーク、一部の部屋の壁にフレスコ技法を用いて復元されているなど、建築学的にも価値のある建物だそうですよ。

実は私、後から出てくる「外交官の家」で結婚式を挙げたのですが、こちらのベーリックホールもかなり迷いました。




◆山手68番館
洋館巡り 洋館巡りこちらも「山手西洋館」にはグルーピングされていませんが、スタンプラリーのポイントとなっていました。

山手公園の中にあり、この公園、日本で初めてローンテニスが行われたところで、「日本テニス発祥の地」なのです。
外国人向け賃貸住宅だったそうで、いまでは市営テニスコートのレストハウスとして使われています。


◆外交官の家
洋館巡り私オススメの外交官の家。とんがり屋根が目印です。

そうそう、何年か前に放映されたドラマ「のだめカンタービレ」の千秋先輩の実家、この「外交官の家」がモデルとなったそうですよ。

こちらでもよくイベントがあり、コンサートや花と器の展示会等が行われています。
今年は創建100年で、100年前のメニューでディナーを食べるイベントや、移築復原に関するお話を聞くイベントなどがあるようです。


◆ブラフ18番館
洋館巡り洋館巡りもとは外国人の住宅だったそうですが、戦後は山手カトリック教会の司祭館として使われていたそう。

建物の外観もかわいらしいのですが、内装も花柄の壁紙を使ってあったりして可愛いですよ。


ここブラフ18番館がゴール。
スタンプラリーのカードを見せると、おもちゃをもらえました。

本記事の写真、あまりいいものでなくて申し訳ないのですが、
ハロウィンウォークと山手の洋館の雰囲気が伝わればと、記事にまとめてみました。

今年のハロウィンウォークは、10月31日(日)に行われます。
場所柄外国の方も多く、仮装した子供達を見るだけでも楽しいですよ。
去年のハロウィンウォークで一番印象に残っているのは、ハーシーズのキスチョコに扮した男の子
白タイツに、銀のふっくらとしたかぶり物。頭からは銀紙を取るための薄紙のテープをヒラヒラとさせていました。
女の子は、お姫様が多かったですね〜。

ハロウィンウォークでなくても、西洋館はイベントがいっぱいありますので、
都内からも近くアクセスもよいので、お天気の良い日にふらりとお散歩がてら
行ってみてはいかがでしょう??

西洋館を巡るルートですが、みなとみらい線元町中華街駅からのスタートか、
JR石川町駅からのスタートか。

私のオススメは、元町中華街駅から。
理由は、坂道を登らなくていいから
どちらの駅からも山手の洋館があるエリアに行くには、急坂を登らないといけないのですよ。急坂をベビーカーを押すのでは、大変ですよね。

元町中華街駅には、改札を出て正面にあるエレベーターに乗って、ビルの屋上へGO。
するとそこは「アメリカ山公園」という公園で、公園を抜けて少し歩くと、外人墓地に出ることができるのです。

このアメリカ山公園、遊具も何もありませんが、きれいな芝生が広がっていて
お弁当を食べるにはぴったりな公園。
我が家は、元町商店街の「ウチキパン」でパンを買って食べることが多いです。

山手の西洋館のあたりは、お食事するところがあまりないのですが、
日本茶専門店 茶倉 http://www.sakura-yokohama.com/
Paty Cafe http://r.gnavi.co.jp/p452800/
は、元町に降りる代官坂の途中にあり、元町まで行かなくてもですし、
どちらも美味しいですよ。


---------- 施設情報 -----------------------------------
◆横浜人形の家
住所:横浜市中区山下町18番地
最寄り駅:・みなとみらい線 元町中華街駅4番出口より徒歩2分
     ・JR根岸線 石川町駅 元町口より徒歩13分
電話番号:045-671-9361
営業時間:午前10時〜午後6時30分(入場は午後6時まで)
休館日:毎月の第3月曜日 ただし5月、7月、8月、12月は休館日なし
    (上記の日が祝日にあたる場合、その翌日)、年末年始(12月30日〜1月1日)
入館料:大人(高校生以上)500円、小人(小中校生)150円
    団体割引(10人以上)や近隣施設利用による割引、年間パスポート等あり
ホームページ: http://www.museum.or.jp/yokohama-doll-museum/


◆横浜市イギリス館
住所:横浜市中区山手町115-3
最寄り駅:みなとみらい線 元町中華街駅5番出口から徒歩7分
     JR根岸線 石川町駅 徒歩20分
     神奈川中央交通バス11系統 港の見える丘公園前 すぐ
電話番号:045−623−2957
営業時間:9:30〜17:00(7・8月は18:00まで)
休館日:第4水曜日(祝日は開館し翌日休)年末年始
料金:無料


◆山手111番館(横浜市指定文化財)
住所:横浜市中区山手町111
最寄り駅:みなとみらい線 元町中華街駅 5番出口から徒歩7分
     JR根岸線 石川町駅 徒歩20分
     神奈川中央交通バス11系統 港の見える丘公園前 1分
電話番号:045−623−2957
営業時間:9:30〜17:00(7、8月は18:00まで)
休館日:第2水曜日(祝日は開館し翌日休)、年末年始
料金:無料


◆岩崎ミュージアム
住所:横浜市中区山手町254
最寄り駅:みなとみらい線-元町・中華街駅 アメリカ山公園口より徒歩3分
     JR根岸線-石川町駅南口より徒歩15分
     神奈川中央交通バス11系統(桜木町駅-保土ヶ谷駅東口)
        「港の見える丘公園前」下車
電話番号:045-623-2111
営業時間:9:40〜18:00 入場は17:30まで
休館日:毎週月曜日
    (月曜日が祝祭日の場合は翌日・年末年始は当館が別に定める日・特別展等の際、
    若干の変更がある場合もあります
料金:大人(高校生以上) 300円
   小人(小中学生)  100円
ホームページ:http://www.iwasaki.ac.jp/museum/index.html


◆山手234番館(横浜市認定歴史的建造物)
住所:横浜市中区山手町234-1
最寄り駅:みなとみらい線 元町中華街駅 5番出口から徒歩10分
     JR根岸線 石川町駅 徒歩15分
     神奈川中央交通バス11系統 元町公園 すぐ
電話番号:045−625−9393
営業時間:9:30〜17:00(7、8月は18:00まで)
休館日:第4水曜日(祝日は開館し翌日休)年末年始
料金:無料


◆エリスマン邸(横浜市認定歴史的建造物)
住所:横浜市中区元町1−77−4
最寄り駅:みなとみらい線 元町中華街駅 5番出口から徒歩10分
     JR根岸線 石川町駅 徒歩15分
     神奈川中央交通バス11系統 元町公園 1分
電話番号:045−211−1101
営業時間:9:30〜17:00 喫茶は10:00〜16:00
休館日:第2水曜日(祝日は開館し翌日休)年末年始
料金:無料


◆ベーリックホール(横浜市認定歴史的建造物
住所:横浜市中区山手町72
最寄り駅:みなとみらい線 元町中華街駅 5番出口から徒歩10分
     JR根岸線 石川町駅 徒歩15分
     神奈川中央交通バス11系統 元町公園 2分
電話番号:045−663−5685
営業時間:9:30〜17:00(7、8月は18:00まで)
休館日:第2水曜日(祝日は開館し翌日休)年末年始
料金:無料


◆山手68番館(山手公園管理事務所(山手公園内))
住所:横浜市中区山手町230
最寄り駅:みなとみらい線 元町中華街駅 徒歩15分
     JR根岸線 石川町駅 徒歩10分
     JR根岸線 山手駅 徒歩15分
     神奈川中央交通バス11系統 山手町 5分
電話番号:045-641-1971 (山手公園管理センター)
     公園内作業のため9:00、11:00、13:00、17:00の前後15分電話対応
料金:無料


◆外交官の家(国重要文化財(旧内田家住宅))
住所:横浜市中区山手町16
最寄り駅:JR根岸線 石川町駅 徒歩5分
     神奈川中央交通バス11系統 イタリア山庭園前 2分
電話番号:045−662−8819
営業時間:9:30〜17:00(7、8月は18:00まで)
     喫茶は10:00〜16:00(7〜8月は17時まで)
休館日:第4水曜日(祝日は開館し翌日休)年末年始
料金:無料


◆ブラフ18番館
住所:横浜市中区山手町16
最寄り駅:JR根岸線 石川町駅 徒歩5分
     神奈川中央交通バス11系統 イタリア山庭園前 2分
電話番号:045−662−6318
営業時間:9:30〜17:00(7、8月は18:00まで)
休館日:第2水曜日(祝日は開館し翌日休)年末年始
料金:無料





パブブルワリー「スプリングバレー」 (横浜市)

ちょっと都内から離れますが、

京浜急行線 「生麦駅」から徒歩約10分




 「生麦事件
 
 分かりますか?
 日本史の教科書にあったような・・・

こんな歴史の勉強をしながら(気をつけないと素通りしてしまう感じですが、、、)向かったのは


 キリンビールのビール工場
 「キリン横浜ビアビレッジ」

この工場では工場見学も出来ます。
(工場見学についてはコチラをご覧ください)

しかし今回は食事(飲酒)が目的



 入り口を入って右手に見えてくる
 この赤レンガの建物が
 
 今回の目的地
 パブブルワリー「スプリングバレー」

パブとミニブルワリー(小規模醸造所)が一体化したスペース
という意味でパブブルワリーだそうです。


 入り口は階段横にスロープもあります。
 なのでベビーカーでも大丈夫



 
 入り口近くには
 古いビール醸造設備の展示


 店内は広々として天井も高く
 開放感がある感じ

 店内禁煙
 (喫煙する時は外で)


外にテラス席もあります。

 ただ、屋根がないので
 天候が怪しい時は使用不可です。

 天気がよく、
 子どもの元気のよさが気になる場合は
 外でランチというのも良いかもです

メニューは色々ありますが、

おススメは


   クレソンと水菜のパリパリサラダ          手作り白ソーセージ


      ガーリックバターポテト               モツDEミソ

この他にも、本日のピッツァなどなど
これ以上頼むと食べきれないので断念しますが、いろいろあります。

子ども向けメニューというのはありませんが、
取り分け可能なメニューもあります。


 ピザ ⇒ 見ため大きさはちょっと小さめに感じますが、
     生地がしっかりしているので意外にお腹にたまります


 ガーリックバターポテト
        ⇒ お願いすると「フライドポテト」に変更が可能です

もちろん?
親はせっかくのビール工場なので



 かんぱ〜〜い

スプリングバレー(グラス) 520円、ブラウマイスター(グラス) 580円
ハートランド(グラス) 460円、ヴァイツェン(グラス)520円、グラスワイン 400円 等など

その他ここでし
か飲めないオリジナルビールが楽しめます。
他で飲むよりは樽だし+雰囲気ということでちょっとお安い(?)。


  お・ま・け 

このレストラン横の歩道を入っていくと芝生スペースがあります。



お食事後にここで少し子どもを遊ばせるのも良いかもです

 追加情報 
7月17日~8月21日の毎週土曜日に期間限定で京浜臨海部の
4つの産業施設を巡る産業観光バスが走ります

JR鶴見駅・京急鶴見駅から出発し、東京ガス→東京電力→日産自動車→
キリン横浜ビアビレッジを巡り、また鶴見駅に戻ります。
一乗車200円、一日乗車券は500円(小学生以下は半額)です。
何ヵ所かの施設を回るなら、一日乗車券がオトクですね。

各施設では見学や体験ができ、スタンプラリーになっていて
4つ全ての工場を回ると記念品がもらえたりしちゃいます。 

この暑い夏、子供は涼し~くお勉強、大人はビールで
暑気払い!というのはいかがでしょうか。

詳細については、下記をご参照ください。

http://www.kanagawa-kankou.or.jp/topics/junkai_bus2010.pdf


---------- 店舗情報 -----------------------------------

店名:パブブルワリー「スプリングバレー」
住所:横浜市鶴見区生麦1-17-1 キリンビール(株) 横浜工場内 
    キリン横浜ビアビレッジ
最寄り駅:京浜急行線「生麦駅」より徒歩約10分
      JR京浜東北線「新子安駅」より徒歩約20分
電話:045-506-3013(レストランビアポート予約センター)
定休日:月曜日(祝日の場合は営業し、翌平日が休業)、年末年始、臨時休業
営業時間:11時〜22時(ラストオーダー21時15分)
ホームページ:http://www.kirin.co.jp/about/brewery/factory/yokohama/restaurant.html

ベビーカーの扱い:入店可能
キッズチェアー:有り(数が少ない)
授乳スペース:なし
おむつ替えシート:多目的トイレ内に有り
離乳食・子供の食事持込み:可
予算:ビール1杯 480円〜
大きな地図で見る


大きな地図で見る

STARBUCKS COFFEE スターバックス・コーヒー TSUTAYA 横浜みなとみらい店 



先日、初めて娘と二人っきりでみなとみらいへおでかけしました。
家族では何度か訪れていたものの・・・二人っきりとなると少し緊張 
緊張が伝わったのか・・・いつもより少しだけ娘がおとなしかったかな?
ランドマークには赤ちゃん休憩室やお気に入りのキャラクターショップもあるので、
途中立ち寄ったりしたせいか、娘も飽きずに楽しくショッピングのお付き合いをしてくれました。

ランドマークの海沿いには、芝生の広場もありますし、
クイーンズスクエアは、空間が広くとってあって、ベンチやデッキなどもあります。
子供がぐずったりした時にあやせる場所がたくさんあって、居心地がよかったです。

さてっと、用も済んだしっと・・・時計をみるとまだ2時前。
帰るのにも早いし・・・せっかくだから、周辺散策でもしようかな〜っと

以前から気になっていた、キッズスペースがあるというTSUTAYAにいってきました。




場所は、ランドマークとクィーンズスクエアの間のジェットコースターのようなオブジェあたりから
横浜美術館方面へまっすぐすすんだところ。意外と近いのです。

お店はスターバックス  なので、特に味やメニューについては、今回は省いちゃいますね。
入ってすぐは、こんな感じです。
こちらも特に他のスターバックスと変わらないかな・・・ 





だけど、こちらのスターバックスは、立ち読みならぬ座り読みができるのですよ。
購入前の書籍を一冊だけ席に持ち込んで、コーヒーを飲みながら読めます。
何気にこのサービス かなりよくないですか?



そして、お目当てのキッズスペース です。
KIDS  CAFE と なっていますが、
スターバックスの商品をこちらでいただくスタイルです。
席数は、6つくらいかな。
写真は、空いていますが私たちが到着した時は 満席で少し待ちました。



こちらでのご利用上の注意!
みんなでルールを守って このようなお店がなくならないように、
もっともっとたくさん増えますように・・・



このすぐ横にベビーカー置き場があります。



で、キッズスペース・・・ こちらも正直それほど広くはありませんが
このちょっとしたスペースがやんちゃ娘を持つ母には大変貴重なのですよ。

ちょうど席の向かい側なので、、子供に目が届きやすくていいです。
絵本などの売り場のすぐそばで、こちらでも本が読めます。



そして、本格的なキッチン・・・
材質は、段ボールぽかったかな??
でも、窓もちゃんと開くし、引き出しもオーブンも開閉できるすぐれものです。
おままごとの道具は見当たりませんでしたが、いろいろ開けたり、いじったりして
楽しんでいましたよ。




BABY ROOM もちゃんとありました。
KIDS CAFE の すぐそば、先ほどのベビーカー置き場の横です。



こちらのスターバックスでは、KIDSイベントも開催しているようです。
詳しくは、ホームページにてご確認ください。




思い返すと、スターバックスの店内でのんびりコーヒー 飲んだのって
何年ぶりなんだろうか???
もしかしたら出産してからはじめてだったかも〜っ 
ハニーオレンジラテ おいしかった。 とっても嬉しいひとときでした〜。

座り読み ができて、キッズスペースがあって、BABY ROOM があって・・・

うちの近くにもこんなTSUTAYA&スターバックスがあったらいいな〜。
きっと入り浸ってしまうだろうな  


-----------店舗情報-----------------------------------


店名:STARBUCKS COFFEE スターバックス・コーヒー TSUTAYA みなとみらい店

住所:神奈川県 横浜市西区みなとみらい4-7-1 ミッドスクウェア1F
最寄り駅:横浜高速鉄道 みなとみらい線 みなとみらい駅  徒歩5分 (エレベーター有)     

電話:045-227-7676

定休日:年中無休

営業時間:朝 10:00〜深夜02:00(本・レンタル・販売)
       朝 07:00〜深夜02:00(CAFEのみ)
ホームページhttp://store.tsutaya.co.jp/storelocator/detail/1764.html

キッズチェアの有無: 無
ベビーカーの扱い: 持込可 (店内にベビーカー置き場有)

授乳スペース: 有
おむつ替えシート: 有

キッズスペース: 有

離乳食・子供の食事持込み: 不可
予算: ドリンク ¥300位〜 (キッズドリンク ¥180〜) 

空いている時間帯:土日は混雑の模様
大きな地図で見る


野毛山動物園 (横浜市)

都内からはちょっと離れてしまいますが、

京浜急行 を利用して


横浜市の運営する 「野毛山動物園」 へ行ってきました。

この動物園、嬉しい事に入園料無料


ちょっと小高い山のところにあります。

なので、動物園にたどり着くまでがちょっとした運動。。。

到着までのその疲れを少しでも軽減したい…



 「野毛山公園」の中を
 通って向かった方が。
 
 2つ道があり、
 緩やかな階段の道
 緩やかなスロープの道(少し遠回りですが)

 ベビーカーを押して行く場合はがおススメ

 
 
 

公園内には



 このような案内看板が

 これを辿っていけば
 動物園に辿りつきます

公園内には芝生の広場もあるので、
天気の良い日はここでお弁当ランチなんて良い感じです

話はもどりまして、



入園して初めに出迎えてくれるのは、
きれいに植えられたお花と
動物の形にキレイに整備された植木(写真は見切れてしまったけど



園内入って左手に
動物内の案内図。(パンフレットは入り口においてあります)




色々な動物がお出迎えをしてくれます。
そんな中から少し



 「レッサーパンダ」

 園に入って
 一番初めに出来る人だかりの主役さん



  
 「ライオン」
 
 私が行くと
 寝ている確率が高いのはなぜ・・・
 今回は久々に起きたお顔拝見





 「きりん」


そして。。。



 園内で放し飼いにされている
 
 「クジャク」

 神出鬼没に歩いています


 “追いかけたりしてはいけません。”
 
 
 

子ども達に大人気なのは、


 

 「なかよし広場」

いろいろな動物に直接手で触れることが出来るスペースです。







 「ハツカネズミ」

 箱の中や
 上に張り巡らされたロープにたくさん
 
 子ども達は
 触るというよりも握る?
 大人はちょっとハラハラ



 動物を直接膝に乗せるのは、、、

 という人のために
 布も用意されていました。

その用意された布にのせて−−−



他にも 「ニワトリ」 もいました。

たくさん動物に触って遊んだあとは
きちんと手が洗えるように石鹸も用意された手を洗うスペースも設置されていました。


市営の動物園だし、入場無料だし、
「・・・まぁこんなもんでしょ」という想像より充実したステキな動物園でした

ベンチとテーブルが用意されたスペースもあったので、
お弁当を持って行ってもよいかもしれません(園内に売店はありません)



園内の変わった物。。。




 「市電」

 園内に設置されていました
 



-----------施設情報----------------------------------- 

施設名:野毛山動物園
住所:横浜市西区老松町63−10
最寄り駅:
     ●京浜急行「日ノ出町駅」下車徒歩10分
     ●JR 根岸線・横浜市営地下鉄「桜木町」駅下車
      徒歩15分または市営バス89系統「一本松小学校」行き「動物園前」下車すぐ
 電話:045−231−1696(案内テープ)
    045−231−1307(管理係)
休園日:毎週月曜日(祝日にあたる場合は、翌日)、
     年末年始(12月29日〜1月1日
     ※5・10月は無休
開園時間:午前9時30分〜午後4時30分(入園は午後4時まで)
ホームページ:http://www.nogeyama-zoo.org/index.html

駐車場:専用駐車場なし。横浜市中央図書館隣の一般有料駐車場利用

ベビーカーの扱い:園内に階段はありますが、大丈夫
授乳スペース:利用をご希望の方は、動物園管理事務所へ
おむつ替えシート:トイレ内にベビーベッドあり
離乳食・子供の食事持込み:可
予算:入園は無料
空いている時間帯:平日
            土日の早い時間帯

大きな地図で見る

| 1/1PAGES |