スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク

警察博物館 (京橋)

ちょっと面白い体験ツアー

中央区にある「警察博物館」へ行ってきました 


 ・・・といっても、
 この施設の存在を知りませんでした・・・

 たまたま通りかかり面白そうなので入ってみました。

入園料は無料

館内の展示は下記の内容 ↓↓↓

4F 音楽隊や鑑識のコーナーなどのほか、コンピュータを使ったモンタージュゲームやクイズなどが楽しめます。
3F 殉職警察官の功績を讃える「顕彰コーナー」のほか、警察官の制服や武器、警察執務文書の展示があります。
2F 警視庁誕生からの歴史的に重要な資料を展示しています。
1F 「おまわりさん なりきり体験」ができるふれあいホール。
展示してあるヘリコプターやオートバイに乗って記念撮影ができます。

エレベーターも授乳室もあるので、赤ちゃん連れでも
ただ、内容的にはちょっと難しいかもです。。。

小さな子ども連れにおススメなのは、1階。



ここでのお楽しみは、、、


 「おまわりさん なりきり体験」

 サイズは100・120・140

 男の子:警官・白バイの制服
 女の子:婦人警官・白バイの制服



   
子どもの名前と簡単な住所を受付で記入すると無料で試着する事ができます




 ヘルメットやブーツまで貸し出してくれます
 
       意外に本格的

制服を着たまま写真撮影OK


 ヘリコプターに乗って操縦するかっこいい姿や
 
 


 外にいるピーポくんとのショットや

 白バイにまたがるかっこいい姿なんかステキです
                        (親バカ・・・笑)

制服が 1サイズ 1着しかないようなので、混雑している時は順番待ちになるかもしれません。

しかし制服を着なくても、白バイにまたがったりヘリコプターに乗ったりと
意外に子どもは楽しそうでした。

お近くを通りかかった際に寄ってみてはいかがでしょうか



----------- 施設情報 -----------------------------------

施設名:警察博物館
住所:東京都中央区京橋3丁目5番1
最寄り駅:地下鉄
       ◆有楽町線「銀座一丁目」 7番出口より徒歩2分
       ◆銀座線「京橋」 1番出口より徒歩3分
       ◆都営浅草線「宝町」 A4出口より徒歩2分
電話番号:03-3581-4321
営業時間:10:00〜18:00
定休日:毎週月曜日(祝日に当たる場合は翌日)
     年末年始(12月28日〜1月4日)

ホームページ:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kouhoushi/no3/welcome/welcome.htm

ベビーカーの扱い:そのまま入れます
授乳スペース・オムツ替えシート:館内3階に 「ベビー休憩室」 があります


大きな地図で見る

ナルニア国 / カフェきょうぶんかん in 教文館

『絵本の読み聞かせ、いつから始めよう』
『どんな絵本を読ませよう』
『読みたい本があるんだけど、タイトル忘れちゃった』
そんな悩みを持つ人の強い味方のひとつに、銀座の老舗書店、
教文館6Fナルニア国があります。

教文館外観

教文館は、1885年(明治24年!)から銀座の真ん中、中央通り沿いにある、細長いビル型の老舗書店です。
その立地環境と、キリスト教関連書籍の出版事業をおこなっていることから、古典芸能や歌舞伎の本や情報誌といった、銀座界隈にちなんだ書籍や雑誌、キリスト教関係の書籍が充実しています。
また、雑誌のバックナンバーも充実しているので、うっかり買い忘れた時にも便利です。

ナルニア国は、その6Fにオープンして今年で11年目の、小さな児童書売場です。
店名は、イギリスの作家であり神学者でもある、C.S.ルイスの名作『ナルニア国ものがたり』から名付けられました。
ナルニア国の店長さんは、現在BSフジで放映中の『We Can☆』という女子小学生向き情報番組にブックマスターとして出演するなど、子どもへの読書の啓蒙のために大変活躍されている方です。

教文館EV側入口教文館EVホール

表通りの入口は手狭で階段だけですが(1階から2Fの階段沿いと中2Fにも少し、絵本やカード、玩具系書籍が置かれています)、裏に回ると広々としたエレベーターホールと小さなエレベーターが、向かい合わせに2機あります。
こちらの入口の回転ドアですが、何と、銀座でいちばん古いものだとか。
また、上階のエレベーターホールはかなりレトロな雰囲気で、とても素敵です。
ベビーカーはナルニア国の入口の脇に畳んで置いてください。

ナルニア国入口

入口すぐには新刊書のコーナーや、季節の特集のようなナルニア国のおすすめ本コーナーが設置されています。
絵本に関連した雑貨やカード類も置いてあります。
店長さんがメディアに露出しているわりに、『○○で紹介された本』といったコーナーはありません。
ナルニア国内にある本は、スタッフの方々によって厳選されているので、全てがおすすめであることからでしょうか。

ナルニア国店内ナルニア国本棚

書棚のほとんどは子どもの目の高さに合わせた作りで、お子さんが自分で本を選べます。
乳幼児向きの本のコーナーには、小さな椅子が並べて置いてあるので、親子でゆっくり座って、読みながら選ぶこともできます。

ナルニア国子ども椅子

店内奥にはテーブルと椅子が数組あるので、少し大きなお子さんは、そちらで本を吟味できます。

ナルニア国テーブルと椅子

ジャンル分けは赤ちゃんへの読み聞かせ、昔話や民話、外国人作家、日本人作家、石井桃子さんなど特定の作家、といった大まかな感じですが、数が多すぎないので不便はなく、探す楽しみがあります。
『こどものとも』『こどものかがく』のバックナンバーがあるのも嬉しいです。
特筆すべきジャンルとして、こちらのお店は点字絵本が充実しています。
大手出版社が出した点字絵本として画期的な、しろくまちゃんのホットケーキ』などは、目の見えない人だけでなく目の見えるお子さんの触覚促進にも良い、良書です(『We Can☆』内でも紹介されていました)。

スタッフの方々は親切で博識。
本のセレクトや相談に快く応じてくれ、的確なアドバイスをしてくださいます。
本をプレゼントしたいけれど、何にすればわからない時の、心強い味方です。
出版社各社がよくおこなっている、1年間、毎月異なる絵本を届けるブックサービスを、ナルニア国も独自セレクトでおこなっていて、そちらもラインナップが充実しているのでおすすめです。

お店の最奥は小さなギャラリーになっており、絵本の原画展などのイベントが、内容を定期変更する形で常設されています。
また、毎月第2・第4土曜日には、『子どものためのおはなし会』という絵本の読み聞かせ会も開かれています。
こちらの読み聞かせにはスタンプカードがあり、スタンプが10個たまるとプレゼントが貰えるそうです。
詳しくはナルニア国ホームページをご覧ください。

教文館階段教文館トイレ

トイレは、男女分かれて各階の階段沿いに設置されています。
乳幼児連れの場合は、ナルニア国からエレベーターホールに一旦出て、向かって右側の階段を下りた位置の女子トイレが、オムツ替え台があるので使いやすいです(残念ながら、男性用トイレにはオムツ替え台はないようです)。
その下の階には障がい者用トイレがあります。

4FにはUCC系列の喫茶店、カフェきょうぶんかんがあります。

教文館カフェ入口

外から覗くと小さく落ち着いた雰囲気のお店なので、子連れでは迷惑かな、と思って敬遠していたのですが、今回意を決して入ってみたところ、子連れお断りではないようです。
キッズチェアが用意されていました。

教文館カフェ子ども椅子教文館ぐるんぱ

書店内のカフェゆえ、やはり読書をされる方が数多くいますので、その辺りで多少の配慮は必要かと思いますが、気遣いでガチガチになるほど静まり返っているわけではないので、気軽に入れます。
恥ずかしながら、我が息子は落ち着きがなく、比較的やかましい方なのですが、この、外が見える席と、購入した『ぐるんぱ』のぬいぐるみキーホルダーや絵本のおかげで何とか周りに迷惑をかけることもなく、のんびりと休めました。
ただ、とても小さなお店なので、ベビーカーは畳んで入口に置くのが無難かと思います。

教文館ドリンクメニュー教文館デザートメニュー

メニューは、ドリンクと焼き菓子数種類というシンプルさ。
けれど、味はしっかり本格派。
この時はアイスレモンティーとアイスココア、それにキャラメルポワールを選んだのですが、ケーキはかなり濃厚な味で生地もしっとりしていて、とても美味しかったです。

教文館注文

中央通りに面したカウンター風の客席は、高い場所から銀座の街並みを見下ろせることで人気があります。

教文館ガラス越し

お店の方も心得ているのか、窓側の席は子連れ率が高かったような気がします。
こちらの窓ガラスもレトロな雰囲気で、心なしか注ぐ陽差しが柔らかく感じられて気持ちが良かったです。

その他の階では、カフェと同じ4FにあるEIN KALEM(エインカレム)と、9Fのウェンライトホールが見ていて楽しいです。
EIN KALEMはキリスト教関係のカードやCD、グッズの販売をおこなっているのですが、キリスト教にまつわる置物は繊細な造形で美しく、季節毎に変わるキリスト教の行事飾りやカードは、信者でなくても欲しくなる可愛さです。
今の季節だとイースターの卵が色とりどりに並んでいて、まさに春爛漫、見ているだけでも和みます。
ウェンライトホールは教文館の経営に尽力したウェンライト博士を記念して作られた多目的ホールです。
影絵で有名な藤城清治さんの展覧会や、本場ドイツのクリスマス市をおこなったり、講演会やパーティーなどに貸し出しをおこなっています。
こちらで売られる本場ドイツのシュトーレンが、どれを選んでもズッシリとして甘過ぎず、けれど食べごたえのあるしっかりとした味で美味しくて、毎年クリスマスシーズンの楽しみでもあります。

『銀座のオアシスとして喜ばれることが願い』

これは、教文館さんが自ら掲げる言葉です。
その言葉どおり、とても都会の真ん中にあるお店とは思えない静かさの、ついつい長居したくなる、まさにのんびりまったりとした空気の本屋さんです。
先に紹介されている、松屋銀座のお向かい、アップルストアのお隣ですので、そちらと合わせて訪れても移動しやすく、楽しいかと思います。

-----------店舗情報-----------------------------------

店名:教文館
住所:東京都中央区銀座4-5-1
最寄り駅:都営地下鉄線『東銀座駅』A9出口より、徒歩5分
       JR山手線・京浜東北線『有楽町駅』より、徒歩7分
       営団地下鉄銀座線・日比谷線・丸ノ内線『銀座駅』
       A9またはA12(丸ノ内線のみC8)出口より、徒歩2〜3分
       ※ほとんど階段です。エレベーター出口についてはこちらの記事を参照してください。
電話:ナルニア国 03-3563-0730
     カフェきょうぶんかん 03-3561-8708
定休日:元日を除き、年中無休(5Fのみ、日曜日定休)
営業時間:ナルニア国 10:00〜20:00
       カフェきょうぶんかん 11:00〜19:00(日曜 13:00〜19:00)
ホームページ:http://www.kyobunkwan.co.jp/Narunia/index.html (ナルニア国)
          http://www.kyobunkwan.co.jp/ (教文館)

キッズチェアの有無:ナルニア国、カフェきょうぶんかん共にあり
ベビーカーの扱い:各階の入口脇に畳んで置くこと
授乳スペース:なし
おむつ替えシート:6F右階段下のトイレにあり
キッズスペース:なし
離乳食・子供の食事持込み:不可
予算:400円くらいから


大きな地図で見る

フリーカフェ 播磨屋ステーション銀座本店 / 松屋 銀座本店 / アップルストア銀座店(銀座)

皆さんは子供を連れて銀座にお出かけした時、どんな場所に行かれますか?
私にとって銀座はやっぱり大人のための街という印象ですが、そんな銀座でもお子様と
一緒に楽しめるスポットがあるのでご紹介します

まずは昨年10月にオープンした、フリーカフェ 播磨屋ステーション 銀座本店
老舗のおかき専門店、播磨屋が企業ボランティアの一環として始めたという播磨屋
ステーションはフリーカフェという名のとおり、おかきとドリンクを無料でいただけると
いう嬉しいお店「社会と人々みんなの共有財産」という位置づけだそうです。


お店は銀座四丁目にある三越別館の裏側、真新しいビル(銀座四丁目タワー)の2Fにあります。
ビルの周りには目印となるこの赤いのれんがたくさん出ています。


ビルの正面にはお店へと直接つながる階段があって、11時オープンの直前にたまたま
通りがかったら行列ができていました。「なんの行列かな?」って近づいていったら列が
動きだし、私たちもオープンと同時に入店できたので、待つこともなく、ゆっくりとお茶や
おかきを堪能できてラッキーでした!ビルの左側に回り込むとエレベーターもありますよ。

お店に入るとまず、おかきを販売している播磨屋の店舗があり、奥へ進むと無料でいただける
播磨屋ステーションがあります。ドリンクバーはよく見かけますが、おかきバーという
表示は初めてみました!


無料でいただけるけど、おかきは食べ放題ではありません、とのこと。 
ドリンクは同じコップでならリフィルOK。こんな注意書きもあります。


紙コップとおかきを入れるトレイを1つずつ受け取って、ドリンクバーと おかきバーへ。
ドリンクはコーヒー、紅茶、ほうじ茶(冷・温)、オレンジ ジュースがありました。


おかきは8種類。1種類につき1つまでということで、最大8個いただけます。
それぞれ味や食感が違ってどれも美味しいのですが、個人的なオススメはカレーせんべい!
辛味はほとんどなく、カレーの風味がとっても美味しいです


キッズチェアはありませんが、テーブルはたくさんあるし、ジュース&ほうじ茶で子供も
おかきタイムを満喫できました銀座でこんなサービスしてもらえるのはありがたい!


続いてこちらは松屋銀座の屋上です。


銀座でランチというと子連れ向きのお店を見つけるのに苦労しますが、松屋銀座の屋上は
空いていて穴場だと思います芝生のエリアもあって、動き回りたいお年頃の息子は
大はしゃぎで走っていました!天気が良くて屋上はとっても気持ちがよかったです


地下の食品街に行くと美味しいお弁当がたくさん売っているし、何より松屋銀座は
浅野屋、メゾンカイザー、ベーグル&ベーグル、木村屋、アンデルセンとパン屋さんが
とっても充実しているのでパン好きにはたまりません  ということで、この日のランチは
浅野屋のサンドイッチと春野菜のフォカッチャにしました〜。


ちなみにこの日はペネロペが大好きな息子のために、8Fで開催されていた「リサと
ガスパール&ペネロペ展」を観に行ったのですが、8Fの催事場ではよく子供も楽しめる
イベントを行なっています。4/14からは「ゴーゴー ミッフィー展」が始まるそうですよ


最後にご紹介するのは松屋銀座の斜め向かい側にあるアップルストア銀座店です。
我が家はApple製品にかなりお世話になっているので、息子もあのアップルマークを見ると「iPhone??」って聞いてくるくらい、馴染んでいます。

ということで、4Fにあるキッズステーションでちょっと遊んできました。
パソコンで落書きしたりゲームしたりして遊べます。2歳児にはまだ操作が難しいですが
もう少し大きなお子さんだともっと楽しめると思います。
ファミリー向けのワークショップやイベントも不定期で開催していたりしますので、
興味のある方はHPをチェックしてみてくださいね。

我が家は4/18(日)にアップルストア銀座店で行なわれる「ララトーン x ベイビートーイ 
こちらは残念ながらすでに申込みを終了してしまっているのですが、とっても楽しい
イベントになりそうなので、参加後にまたこちらのブログにもアップしたいと思います!


 銀座駅には出口がたくさんありますが、ベビーカーでのアクセスの場合には
A4(サッポロ銀座ビルに接続)、A7&A11(三越に接続)、A12(松屋に接続)、
B2(グッチビルに接続)のいずれかの出口から出ればそれぞれのビル内にある
エレベーターで地上に出られますよ。


----------------- 店舗情報  ------------------------------------------

店名:フリーカフェ 播磨屋ステーション  銀座本店
住所:東京都中央区銀座4-9-13 銀座四丁目タワー2F
最寄り駅:都営浅草線 東銀座駅A1出口より徒歩1分(階段のみ)
     地下鉄銀座駅 A11出口(銀座三越)より徒歩4分(エレベーターあり)
電話:03-5550-6110
定休日:年中無休
営業時間:11:00〜19:00
ホームページ:http://www.harimayahonten.co.jp/pc/

ベビーカーの扱い:入店可
授乳スペース:なし
おむつ替えシート:なし
離乳食・子供の食事持込み:不可
予算:ドリンク、おかき共に無料(手前の一角に有料のお土産コーナーもあり)
空いている時間帯:どの時間帯も混むので11時のオープンと同時入店がオススメ


----------------- 店舗情報  ------------------------------------------

店名:松屋 銀座本店
住所:東京都中央区銀座3-6-1
最寄り駅:地下鉄銀座駅 A12出口直結
電話:03-3567-1211(大代表)
定休日:不定休
営業時間:11:00〜19:00
ホームページ:http://www.matsuya.com/ginza/index.html
ベビーカーの扱い:入店可
授乳スペース:6Fに授乳室あり
おむつ替えシート:6Fの授乳室 / 各フロアのトイレにあり
離乳食・子供の食事持込み:屋上は持ち込み可
予算:大人&子供で1000円前後(B1Fの食品街にてテイクアウト利用)
空いている時間帯:いつもわりと空いています


----------------- 店舗情報  ------------------------------------------

店名:Apple Store Ginza(アップルストア 銀座店)
住所:東京都中央区銀座3-5-12 サエグサビル本館
最寄り駅:地下鉄銀座駅 A12出口(松屋銀座内のエレベーター利用)より徒歩2分
電話:03-5159-8200
定休日:不定休
営業時間:10:00〜21:00
ホームページ:http://www.apple.com/jp/retail/ginza/
ベビーカーの扱い:入店可
授乳スペース:なし
おむつ替えシート:なし
空いている時間帯:週末は混雑


無印良品 / Meal MUJI 有楽町店(有楽町)

息子のパスポートを申請するため、有楽町の交通会館2Fにあるパスポートセンターに行ったので
その足で交通会館の向かい側にある無印良品をのぞいてきました!たくさんの店舗がある
無印良品ですが、有楽町店は東日本最大の店舗です。大きな店舗なだけあって品揃えも豊富で
家具などの大型商品もたくさん展示されているし、日本各地のふるさとの味を集めた
「故郷名品」のコーナーがあったりして、行くと楽しくてついつい長居してしまいます。

さて、そんな無印良品有楽町店ですが、入口を入るとまず2Fへとつながる長いエスカレーターが
目に入ります。1Fには無印が経営するお花屋さん、Flower MUJIがあり、奥には「無印の家」の実物展示への入口があります。(1Fのその他のスペースにはビックカメラの別館が入って
います)Flower MUJIの左側にある通路を抜けて行くとエレベーターがあるので、ベビーカー
利用の方はこちらを利用してくださいね

2Fへあがると広々としたスペースに衣料品、化粧品、食品、文具、雑貨などがたくさん
売られています。3Fには家具、家電、生活雑貨、食器などがありますよ〜。
2Fの右手奥の一角に子供服やベビー・子供関連の雑貨コーナーがあり、
靴を脱いで上がることができる小さなキッズスペースも用意されています 


キッズスペースのさらに奥へ進むと、おむつ替え&授乳のできるベビールームもありますよ。
授乳室はカーテンで仕切られていますが、おむつ替えはパパもOKです


広い店内をブラブラして疲れたので、2F左側にあるMeal MUJIでランチすることにしました。
週末はいつも大混雑のMeal MUJIですが、この日は平日だったので並ばずに入れました。
店内は広くて席数も多く、子供連れのお客さんが多いので安心して過ごせます!
ベルトつきのキッズチェアもたくさん用意されています。


ランチはショーケースに並んだヘルシーなデリメニューから好きなものをチョイスできる
「選べるデリ」の他、デリのお惣菜とキッシュのセットや日替わりのランチプレートなどが
あります。どれも美味しそうで、行くといつもショーケースの前で迷ってしまいます


ショーケースの手前にはパン屋さんもあります。種類が豊富でとっても美味しいので
ランチのお供にしてもいいし、明日の朝食用に買って帰るのもいいですよ〜。
パン好きの息子が目をキラキラさせながら「どのパンにするー??」と言っていて
今にもパンを取って食べてしまいそうでヒヤヒヤでした


今回は息子用にキッズプレート(500円)をオーダー。デリの商品から温かいお惣菜1品と
冷たいお惣菜1品、それにごはんかパンが選べます。ドリンクもついていて、たっぷりサイズ。
ドリンクメニューの中に「はちみつミルク」というのがあったので、はちみつ抜きで普通の
ミルクにしていただきました メニューは息子リクエストで鶏肉を使ったハンバーグと
枝豆のお豆腐、それにごはんというたんぱく質たっぷりな組み合わせになりました


私は「選べるデリ 4品」でデリの中からふろふき大根、さつまいもとかぼちゃのサラダ、
ブルコギ、ポテトサラダをチョイス。それに十五穀米のごはんとミニデザートの杏仁豆腐です。


子供にも取り分けやすいメニューが多いので、キッズプレートを頼まなくても子供用に
パンを1つ買って、あとはおかずを取り分けてあげるのでも十分対応できます。


2Fの総合案内カウンターの横では、店内で利用できるベビーカーの貸し出しも行なって
いるそうです。有楽町に出かける機会がある方は、ぜひ1度立ち寄ってみてくださいね。


----------- 店舗情報 -----------------------------------------------------------------

店名:無印良品 / Meal MUJI 有楽町店
住所:東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町2F・3F
最寄り駅:JR有楽町駅 京橋口より徒歩1分
     東京メトロ有楽町線 D9出口よりすぐ
     東京メトロ有楽町線 銀座一丁目出口より徒歩3分
電話:03-5208-8241
定休日:無休
営業時間:10:00-21:00(Meal MUJIのランチ営業は11:00〜)
ホームページ:http://www.mujiyurakucho.com/

ベビーカーの扱い:入店可
授乳スペース:あり
おむつ替えシート:あり
離乳食・子供の食事持込み:可
予算:600円〜1,200円前後 キッズランチプレートは500円
空いている時間帯:平日の11:30まで、または12:30以降の入店がオススメ
         週末はどの時間帯もかなり混雑します


| 1/1PAGES |