スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク

カフェ&スタジオ ウフ / Cafe&Studio Oeuf

滝廉太郎作曲の歌曲『花』で有名な、江戸の主要水路のひとつ、隅田川。
そこからほど近い問屋街の一角に、小さな小さな一軒家カフェがあります。
そこが、カフェ&スタジオ ウフ
フランスはブルターニュ地方発祥のガレットという、そば粉を使ったクレープをメインに、オーナーさん自身による完全手作り、こだわり抜いた国産食材を用いた料理やデザートが食べられる、心と体にやさしいお店です。

ウフ外観

どこか懐かしい雰囲気ながらも、こぢんまりしてお洒落なカフェだけに、『本当に子連れで大丈夫?』と思うかもしれません。
オーナーさんに確認したところ、
『常識の範囲内の方なら、どなたでもどうぞ』
『臨機応変にいきますから』
とのことでした。

この『常識の範囲内』という言葉、私は『子連れの常識』ではなく、『社会人としての常識』と捉えております。
本来、狭量すぎても鈍感すぎても良いことはなく、どちらの立場でも同じような基準にいるのがいちばんだと思いますが、『子連れの常識は社会の非常識』と揶揄されることも多い昨今です。
例えばベビーカー何台もで連れ立って押し掛けたり、お店に食べ物を持ち込んで与えたり、子どもがベショベショの口や手のまま歩き回ったり。
それらは子連れにとってみれば『仕方がない』ことであり、『大目に見てほしいこと』かもしれません。
けれど、子連れ専門カフェの大半なら飲食物は持ち込み禁止ですし、ベビーカーは持ち込み可能か、キッズチェアが完備されています。
ですが、そうでないお店にはおひとり様やカップルなど、老若男女かまわず来るのが普通なので、ハード面についてはさほど期待できないことが多く、大抵どこのお店も、そのお店のご好意で、ベビーカー入店や飲食物の持ち込みを了承してくださっていることを忘れてはいけません。
カフェ&スタジオ ウフは席数10あまりの、本当に小さなお店です。

ウフ店内1

ウフ店内2ウフ店内3

卑屈になる必要は全くありませんが、『ありがとうございます』『ごめんなさい』の言葉とともに、感謝の気持ちを忘れないことはとても大切だと思います。
こちらのお店に限らず、子連れでお出掛けの際には、そのことを踏まえて行動していただければ、同じ親という立場にある記事作成者として心強くあります。

ウフランチメニュー

さて、ランチタイムは、サラダ、スープ、コーヒー付きのハムと卵の『コンプレット』というガレット(850円)と、限定6食・日替わりの、野菜たっぷり『気まぐれごはんランチ』の2種類です。
この日は、残念ながら気まぐれごはんランチは売り切れだったので、コンプレットランチのデザート付き(1000円+バニラアイス 100円)に、いちごミルク(550円)をお願いしました。
そうしたら、なんとラッキーなことに、卵の黄身が双子ちゃんでした。

ウフランチウフデザート

この日は、私が食べるまでに割られた卵のうち、8個が双子ちゃん。全て、『有機農業のカリスマ』旭愛農大松農場さんで産まれた卵です。
野菜もハムも卵も粉も、愛情たっぷり、大切に丁寧に育てられた、新鮮な国産品ですので、ガレットはいうまでもなく素材の味がしっかりと伝わり、スープなどは野菜の旨味で甘味を感じるほどです。
サラダのドレッシングが、酸っぱいもの大好きな私が『おいしい!』と思うくらいの酸味ですので、お子さんに取り分けるようでしたら、あらかじめドレッシングを抜いてもらった方がいいかもしれません。
クレープはストロベリークレープにしましたが、もちろんソースも手作りです。
ほんのり甘くてモチモチの生地に、爽やかな酸味のストロベリーソースがとてもよく合います。
いちごミルクも、人工的な甘味ではない優しい甘さで、甘い物が好きな方やいちご好きなお子さんも喜ぶ味です。
離乳食の持ち込みは、お店の方に一言告げたうえで、他のお客さんの迷惑にならない範囲でお願いします。
食物アレルギーのある方やベジタリアンの方は、お店の方に伝えてくだされば、考慮できるものもあるそうです(といってもクレープがメインのお店ですから限界はありますが)。
まずは気軽に聞いてください、とのことです。

さて、こちらのカフェ、食べ物がおいしいだけではありません。
毎年4月から12月までの毎月1回、水曜日の夕方6時からカフェライブをおこなっております。
その名も、株式会社ママの味方。鈴木より子さんというプロの歌手が代表をされる会社のメンバーの方々による、子どもの歌のライブです。
今年からは、たまたま偶然日本橋界隈と関わりが深い、ママの味方専務の岡田郁代さんが歌手デビューすることになったので、岡田さんがメインで弾き語りをおこなうそうです。
おいしいお菓子をいただきながら、美しい歌声とお子さん達のキラキラ笑顔が満喫できる、それは幸せなひとときです。
現時点で、5月19日(水)、6月20日(水)、7月21日(水)まで決定しているそうです。
詳しくは、日程が近くなりましたら、ママの味方ホームページまたは、カフェ&スタジオ ウフブログをチェックしてください。


さらにさらに、普段こちらではクッキング教室も開催しているのですが、不定期でオーナーさん自ら講師を務める『親子クッキング』もおこなっております。
大体、4歳くらいからのお子さんと親御さんが一緒にお菓子を作り、ゆったりティータイムを楽しむというものです。
お休みの日の前日を目安に開催しており、現段階で、まずは梅雨頃に一度予定しているそうです。
スコーンでイギリス式ティータイムなんていいんじゃないかしら、と考えておられるようですが、もちろん決定事項ではありません。
蓋を開けてのお楽しみ、ということで、こちらもカフェ&スタジオ ウフブログをチェックしていてくださいね。

トイレ・オムツ替えについてですが、残念ながらオムツ替えスペースはありません
東日本橋駅の下りホーム(大田区からですと降車ホーム)の端に『だれでもトイレ』があるので、そちらをはじめ、駅構内のトイレ・オムツ替えスペースを利用してから、訪れてください。
ただ、本当に本当に緊急事態の場合は、お店の方に告げていただければ奥の部屋をお貸しします、とのことです。
奥の部屋はクレープ用の鉄板の横を通り抜けるため、必ずお子さんから目を離さず、用事が終わったら絶対にお子さんが近づかないように気をつけてください。

ギリギリ情報のため終了してしまったものもあり申し訳ありませんが、4月中は開店5周年ということで、様々なイベントが目白押し。
4月18日(日)には5周年記念パーティーがおこなわれました。
ワンコインフード(角煮弁当、そぼろ弁当、パンセット)やオーナーさん手作りのお赤飯やオードブルが並べられ、1曲100円のリクエスト制で鈴木より子さん達によるライブがあったり、バンドネオン奏者の大久保かおりさんによる生演奏があったり、緩やかで和やかなムードの中、たくさんの常連さんがお祝いに駆けつけていました。
4月中の毎週金曜日(といっても、あと2回ですね)は、ディナーコースを注文するとハウスワインが1500円で飲み放題。
また、本場ブルターニュ産のシードルが、通常2800円のところを2000円でいただけますし、4月23日(金)のディナータイムは、シードル(カップ)、サラダ、コンプレットガレット、クレープ(好きなものを好きなだけ!)、コーヒーまたは紅茶のセットが3000円でいただけます。

ウフディナーメニュー

なお、通常の金曜ディナーはクレープ食べ放題ではありませんが、野菜は食べ放題です。
レジの脇では、お持ち帰りのお菓子と紅茶が売られています。
メレンゲは小150円、大200円で、抹茶、チョコレート、ストロベリー&レモンの3種類です。
サクッと甘く、口に入れるとフワリととろけます。

ウフお土産

記事作成者として、うるさいことをたくさん書きましたが、オーナーさんはとても子どもに優しく寛大な、素敵な方です。
普通の感覚で、気楽に訪れてみてください。


おまけ

お店を出てから、隅田川まで足を運んでみました。

隅田川1

途中、カゴメの本社があり、あまり見ないカゴメ製品のブリックパック自販機に、ダジャレ商品名の紅茶シリーズなどがあり、なかなか楽しいです(セイロン茶葉使用で、甘すぎずスッキリして飲みやすかったです)。

カゴメ自販機

隅田川は少し広い道路を挟んで向こう側で、近くには工事中の歩道橋しかありませんでしたが、河川敷に降りるときれいな装飾でデザイン化された広い空間がずっと続いています。

隅田川河川敷

ところどころにベンチが設置されていて、水上ではフェリーの往来も頻繁にあり、天気の良い日なら格好のお散歩道になります。

隅田川2

河川敷からレトロな雰囲気の『ボタンの博物館』の看板が見えたので行ってみたのですが、どうやら予約制のようでした。残念。

ボタンの博物館1ボタンの博物館2

-----------店舗情報-----------------------------------

店名:カフェ&スタジオ ウフ / Cafe&Studio Oeuf
住所:東京都中央区東日本橋 2−11−3
最寄り駅:都営浅草線『東日本橋駅』および、
        都営新宿線『馬喰横山駅』B3出口より、徒歩3分
        JR総武快速線『馬喰町駅』C1出口より、徒歩5分
       ※地下鉄の、お店に近い出口は階段のみとなります。
        都営浅草線下りホームからB3出口へは、進行方向前方で降車すると、
         下りの階段+上りのエスカレーターがあるので、少し楽かと思います。
電話:03-3861-8148
定休日:日曜・祝日
      (臨時休業あり。お店に問い合わせのこと)
営業時間:月〜木 11:30〜20:00
          金    11:30〜21:00
          土    11:30〜17:00
       ※ランチタイム 11:30〜14:00
       ※ラストオーダーは閉店30分前
ホームページ : http://www1.ocn.ne.jp/~chelsea/ (カフェ&スタジオ ウフ)
            http://mama.babymilk.jp/ (株式会社ママの味方)

キッズチェアの有無:なし
ベビーカーの扱い:そのまま入って可
授乳スペース:なし
おむつ替えシート:なし
            ※お店のご好意で、緊急時のみ、奥の部屋を貸していただけるそうです。
              声を掛けてください、とのことです。
キッズスペース:なし
離乳食・子供の食事持込み:周りのお客さんに配慮してくだされば、可とのこと
                  ※必ずお店の方に尋ねた上でお願いします。
予算:ランチ(サラダ、スープ、コーヒー付き)850円、デザート付きは1000円
     気まぐれごはんランチ 850円
     金曜ディナー 2500円
空いている時間帯:12:00〜13:00は混みます
             11:30〜13:00までは3名以上から、それ以降の時間帯は1名から予約可。


大きな地図で見る

| 1/1PAGES |